ホームパーティーのススメ

0
    ダンナの友人カップルを我が家にお招きしてホームパーティーを楽しみました。

    ホームパーティーといっても大げさなものではありません。
    単に我が家で飲み食いしておしゃべりしただけです。
    公園に行ったり、ボードゲームで遊んだりもしました。
    2人の子ども達と一緒ですから、何をするにも邪魔が入ったり
    ペースを乱されたりするのは当たり前。
    パーティーというより、我が家の騒がしい日常生活に
    「一日お付き合いいただいた」、という感じです(笑)。


    でもお客様をお招きする度に思うのですが、「自宅に遊びに来てもらう」事ほど
    親しくなれる方法って、他にはないんじゃないでしょうか。

    普段生活している空間に来てもらう訳ですから、ある程度は取り繕ったとしても(笑)、
    お客様は細々としたディテールの中に「家人の普段の姿」を感じ取るものです。
    棚に並んでいる本や飾ってある置き物、こだわっていそうなモノ達の中に混じった
    「?」なモノ達(笑)。生活感の全くない「隠す収納」か、にぎやかにモノを飾った
    「見せる収納」か、はたまた単に「見えている」収納か、等。
    「普段の暮らし」が見えてくると、その人がそれまでよりもなんだか身近に思えて
    きますよね。何よりも「自宅に招いてくれた」その気持ちが、一番嬉しいのです。

    そして招く側にとっても、慣れ親しんだ我が家での「おもてなし」では、
    そうそう気取り続ける事はできません(笑)。
    そのかわり「我が家が味方してくれる」といいますか、それほど親しくない人でも、
    外で会うよりも緊張せずにありのままの自分でいられると思います。

    レストランと違って時間やお金を気にせず、リラックスして過ごせる空間。
    以前から気になっていて「もっと親しくなりたいなあ」と思う人を、
    そんな我が家でのホームパーティーに、招いてみてはいかがでしょうか。
    小さな子どもがいて外出もままならない方ならなおさら!
    おもてなしって、肩肘張らなければ工夫次第でなんとでもなります。

    楽しい時間が過ごせたら、また人を呼びたくなります。
    そして、我が家もどんどん綺麗に、居心地良くなっていきます♪

    「失われた時間」をつくらない

    0
      時々ある事なんですが、
      最近、なんとなく時間に追われる気分で日々を過ごしていました。
      そんな毎日が続くと、余裕があるはずの日でも、
      なぜか何もしないうちに終わってしまっているんです(笑)。

      普段ならチャッチャッと終わらせる家事もなんとなくおっくうだったり、
      やりたくない事をずるずると後回しにしたり。
      娘のおしゃべりにも上の空で相槌をうっていたり、
      息子の駄々に必要以上に腹が立ったり(笑)。
      文字通り、「忙」しくて「心」を「亡」くしている状態でした。

      心を亡くしたまま過ごすと、その間は「失われた時間」になる気がします。
      本当は何かをちゃんと「済ませた」はずなのに、達成感を感じられなかったり、
      集中すればすぐに終わるはずの事にいつまでも時間がかかったり、
      考えても仕方のない事に思いをめぐらして、もっと有意義な時を過ごすチャンスを
      自ら逃してしまったり。


      忙しくて心を亡くしてしまったなら、心をこめて向き合う事で時間を取り戻しましょう。
      娘のおしゃべりを聞き流すのではなく「聴く」。
      駄々をこねている最中の息子に腹を立てずに「面白がる」。
      ただ漫然と思い悩むのではなく、「解決するために」考える。あるいは、考えても仕方のない事なら「忘れる」。
      「今」に意識を向ければ、楽しい時間も苦しい時間も全て「自分の時間」になります。

      その時々の「目の前の事」に意識を向けて、
      一歩ずつ、地道に、でも確実に、自分の時間と向き合いたいと思います。

      大切な自分の時間の「主人」であり続けるために。

      情報を厳選する

      0
        日々どんどん溜まっていくモノの一つに、DM、新聞や雑誌、本等の「情報」があります。
        様々な媒体を通して情報が取り放題の私達の時代、やはり大事なのは
        「いかに手に入れるか」ではなく「いかに切り捨てるか」なのではないでしょうか。 

        情報整理の方法に関する本は専門家から山のように出ています。
        しっかり勉強したい方はそれらを読んでいただくとして(笑)、
        ここでは簡単なポイントのみ、挙げてみたいと思います。


        情報を入手する前に:
          〕徂塒廚鬚修両譴波獣任垢襦
           情報は何もしなければ日々たまる一方なので、すぐに要不要を判断する事が大切。
           過去の経験上、開くだけ無駄なDM等は自分でもわかっているはずです。
           今回は開かずに、赤ペンで「受取拒否」と書いて投函しましょう。今後、同じ
           DMにわずらわされずに済むようになります。
           返事を書く等、アクションが必要な手紙は、目を通すだけのものとは別にし、
           目に付く場所に保管しましょう。
           「迷う」情報は、「迷いファイル」、「期限付き」(バーゲンや催し物)の情報
           は、「一時保管」ファイルを用意して、定期的に見直しましょう。

         ◆’磴Δ發里伴擇蠅襪發里鮖箸なける。
           全ての情報が自宅での長期保管に値する訳ではありません。読んで「みたい」本
           や雑誌は、近くの図書館をあたる事がスペースとお金の節約につながります。
           定番ものなら大方揃いますし、リクエストも可能。発売されたばかりの人気本でも、
           買ったまま読む時間がなくて半年も置きっぱなしにする間に、自分の番が回って
           きます。返却期限があるほうが読むのではないでしょうか。
           それでも読まなかったとしたら、今は縁のない時期だと思って一度すっぱり
           忘れる事です。「出会うべき」本には再び出会えます。
           
           
        情報を入手した後で:
          ゞ菠方法を考える
           情報を区分する方法を決めましょう。区分するテーマを考える事で自分の好みや
           興味も見えてくるので、自分を理解する手助けにもなります。

         ◆〇藩冑囘戮鳳じたファイリングを考える
           情報は使うために保存するものです。「すぐに使える状態」にするために
           ファイルしましょう。長期保管するものならちゃんとしたファイルに、
           使用頻度の高い「旬」の情報は、クリアファイルやボックスなどに放り込む
           だけの方が出し入れがラクです。 
              
          使う場所に保管する
           例えば、作る度に調味料の配合等を確認する「定番レシピ」ならキッチン、
           「何をつくろうかな〜」と今夜の献立を考えながらめくる料理本なら、お茶を
           飲むリビングやダイニングの取り出しやすいところ。洗濯機や冷蔵庫等の取説は、
           「取説ファイル」に一括保管するよりも、それぞれの家電の近くに置いておく方が
           便利です。

         ぁ…蟯的に見直す
           ファイル後、安心して一度も開かないなら、それはそもそも保管する必要のない
           情報です。見直し時に処分しましょう。
           雑誌などは年間サイクルでその時々の「旬」の情報を「繰り返し」特集します。
           過去のものを全て保管する必要はありません。
           洋服、コスメ、モノ、お店等の情報は、常に最新のものが気になるものです。
           数年後には取り扱ってなかったり、お店が変わってたりして、情報としての価値が
           なくなります。
           使える「情報センター」を持つためにも、期間を決めて定期的に見直しましょう。


        その他:
          ヽ阿法屮屮譟璽鵝廚鮖つ
           図書館やレンタルショップ、特定の分野に詳しい友人等、外に頼れる情報源を
           持つと、自宅を「いつ役立つかわからない」山のような情報で一杯にする必要が
           なくなります。
           好みだって時と共に変わったりします。本当に好きなモノ以外は手元に置く事に
           こだわらず、必要な時にレンタルして、スリムで身軽な生活を楽しみましょう。

         ◆〃蕕なる 
           欲張っても体は一つ。持ち時間にも限度があります。また、「誰でも知っている」
           情報は、皆から教えてもらってもいいのではないですか(笑)?
           かけがえのない時間を「自分にとって本当に大事な情報」だけに費やしましょう。


        いかがでしょうか。「そこまではちょっと…」と思われるかもしれませんが、ご自身の
        ライフスタイルを考えながら、取り入れられそうな部分だけでも試してみてください。

        モノも情報も持つと便利な反面、身動きがとりにくくなるというデメリットがあります。
        自由に軽やかに毎日の暮らしを楽しめるよう、「マイバランス」を見つけてください。  
         

        search this site

        著書のご案内

        子どもの気持ちがわかる本を書きました!が、実は「ダンナにも効いた!」とひそかに好評♪


        profile

        profilephoto

        categories

        recent comment

        • きちんとした人が、汚部屋になる理由
          Makko
        • ADフェス:「出会い」と「再会」
          Makko
        • きちんとした人が、汚部屋になる理由
          ファミ片1級
        • ADフェス:「出会い」と「再会」
          亀岡あきこ
        • 自宅の押入れ公開
          Makko
        • 自宅の押入れ公開
          ゆきんこ
        • 自宅セミナーから自分の世界を、仕事を広げる
          Makko
        • 自宅セミナーから自分の世界を、仕事を広げる
          ほがらか
        • 自宅セミナーの楽しさを伝えてきました
          Makko
        • 自宅セミナーの楽しさを伝えてきました
          三浦歩美

        recent entries

        links

        archives

        登録中

        Houzzに登録中の世田谷区, 東京都, JPの橋口真樹子
        私の味方 ドリーミアクラブ

        Facebook