岩里祐穂の「いい加減に片付けて美しく暮らす」

0


    今井美樹さんや中山美穂さん、アン・ルイスさんなど、
    有名な女性アーティストのヒット曲を手がけた作詞家の方。

    この方がインテリアや家づくりに目覚め、試行錯誤をされながら
    「収納って…」と、ご自分の気付きや想いをつづられた文庫本です。

    さすが言葉のプロ、暖かくて心癒される文章に、ご自宅の写真もまた素敵!
    軽く読めてちょっと嬉しい気分になれる、お洒落な文庫本です。

    そして、素人ながら(失礼)、収納の基本についても非常に
    まっとうな事が書かれています。日々の暮らしの中で、気付いた事を
    書いていらっしゃるからか、片付けベタな人でも素直に受け入れられる
    ような本だと思います。

    ちなみに同じシリーズでこの方が書いた
    「おそうじ、料理が苦手でも家事がもっと好きになる」もとってもお薦め!
    読んでいると、家の中を整えて美味しいご飯を作り、
    家族との時間を楽しみたくなる本です♪

    佐藤可士和の超整理術

    0


      気鋭のアートディレクターは「整理魔」だったんですね〜。

      ご本人は「これから説明する整理術は、生活の知恵の類とは全く別物」と
      書いていらっしゃいますが、どうしてどうして(笑)。
      「整理」の本質は共通、アドバイザーの私にとっても宝石のような言葉達が
      山のように出てくる本なのです。
      特に「空間の整理」では、オフィスのデスク周りのモノの整理をとりあげて
      いらっしゃるので、アドバイザーの整理収納プロセスと全く同じです。

      情報の整理、思考の整理の章も「そうそう!」とうなづく事ばかり。
      今まで実際に手がけられたプロジェクトを例に挙げながらの説明なので、
      アートディレクターの仕事のプロセスも垣間見られて本当にワクワクです。

      とにかく「整理」の楽しさとメリットを十二分に伝えてくれる本。
      喫茶店の中で、ニコニコしながら、目を潤ませながら(笑)、ペンで
      線を引きまくりながら読破してしまった私は、
      多分かなり変な人に見られたに違いありません(笑)。

      近藤典子の片づけが生んだ奇跡

      0


        今まで近藤さんが出してきた「収納ワザ」の本とは全く違う一冊。
        写真は一枚もありません。
        2000軒ものお宅を片付けてきた近藤さんの「ふところの深さ」に
        改めて気付かされる本です。
        そして、「片づけは一体なんのためにするの?」という、
        本質的な問いについて考えさせられます。

        search this site

        著書のご案内

        子どもの気持ちがわかる本を書きました!が、実は「ダンナにも効いた!」とひそかに好評♪


        profile

        profilephoto

        categories

        recent comment

        • きちんとした人が、汚部屋になる理由
          Makko
        • ADフェス:「出会い」と「再会」
          Makko
        • きちんとした人が、汚部屋になる理由
          ファミ片1級
        • ADフェス:「出会い」と「再会」
          亀岡あきこ
        • 自宅の押入れ公開
          Makko
        • 自宅の押入れ公開
          ゆきんこ
        • 自宅セミナーから自分の世界を、仕事を広げる
          Makko
        • 自宅セミナーから自分の世界を、仕事を広げる
          ほがらか
        • 自宅セミナーの楽しさを伝えてきました
          Makko
        • 自宅セミナーの楽しさを伝えてきました
          三浦歩美

        recent entries

        links

        archives

        登録中

        Houzzに登録中の世田谷区, 東京都, JPの橋口真樹子
        私の味方 ドリーミアクラブ

        Facebook