化粧品のカウンター、利用してますか?

0
    ファンデーションの残りが少なくなってきたため、
    先日、用事のついでにデパートの化粧品カウンターで
    気になっていたメーカーの物を試してきました。

    お買いものに失敗しない方法の一つは、「試してから買う」ですよね。
    お洋服に関しては実行されている方が多いのでは?
    私はボトムスはもちろん、1000円程度のTシャツでも試着しないと買いません。
    一目みて「素敵!」と思っても、実際に着てみたらあっさりとやめられる事って、
    結構あります(笑)。


    では化粧品に関してはいかがでしょう?
    皆さんはデパートの化粧品カウンターって、利用されますか?

    ずっと通販コスメやドラッグストアコスメを使っていて、
    化粧品カウンターはなんだかとっても敷居が高いイメージでしたが、
    年の功なのか、気づいたら割と気軽に行けるようになっていました。
    (化粧品カウンターにかかわらず、電車やバスの中、街中、お店の中など、
    見知らぬ人に声をかける事が、昔よりもずっと自然にできるようになりました。
    やっぱり年の功のような気がします(笑)。)
    カウンターで肌診断もしてもらいながら相談すると、
    お目当ての品が合わない事もあります。やはり試す機会はとても大事だと思います。


    そして、カウンターで試したらその場で買いますか?
    私は大体の場合、「一日様子を見てもいいですか?」と、何も買わずに出てしまいます。
    ファンデーションをつけた状態で一日過ごしてから夜にチェックしたいからです。
    年相応に疲れてきた肌では、つけたてではわからない事がたくさんあるのです(笑)。

    「さんざんお化粧してもらって、何も買わずに出るなんて。。。」と
    考えがちですが(私も昔はそうでした)、カウンターのお試しはそのためにありますし、店員さんにそれでムッとされた事はありません(笑)。
    ファンデーションは安くないし、一度買ったら使い切るまで結構時間かかりますよね。
    「あーあ…」と思いながらずっと使うのも悲しいし、
    次から次へと失敗したファンデーションが引出しにあふれているのは、
    収納スペース、お財布、環境にも優しくないと思いませんか?

    一度、カウンターがあまり混んでいない時間に、
    「今日は試したいだけなんですが」と伝えてからお願いしてみましょう。
    「こんなに快く対応してくれるんだ!」と、
    目からウロコの体験ができると思います(笑)。

    運動会でした。

    0
      今日は娘の小学校の運動会でした。
      この日のために頑張ってきた子どもたちの雄姿を、
      快晴の中、楽しむ事ができました。


      「楽しかったー!」で済めばいい家族のお出かけなのですが、
      主婦にとっては帰宅後が「あ〜あ。。。」の時間。
      家族が心地よい疲れの中、リビングですやすやと
      夕寝を楽しんでいるというのに、私だけは洗い物に夕食の用意。。。
      朝のお弁当づくりの洗い物も残ったりしていると
      本当にため息しかでない時間帯です(笑)。

      こんな時は外食、というのが、家族全員が同じように楽しい気分で
      いられる方法かもしれません。
      または家族全員で洗い物と夕食作りを分担、
      なんて理想的な事ができるお宅もあるかもしれません。

      後者は我が家ではまだちょっとハードルが高い。。。
      そして「外食」も、息子連れでもう一度家を出る気分にはなれませんでした。

      ため息をついているだけでは、いつまでたってもいい気分にはなれません。
      どうにもやるしかない時は、いっその事その作業にどっぷり集中した方が
      いいものです。

      という訳で、覚悟を決めるために最後の大きなため息をひとつ(笑)。
      キッチンカウンターでアイスコーヒーをくいっと飲んでから洗い物開始です。

      久し振りに大人の音楽をかけながら、
      時間を気にしてイライラしながらではなく、
      今している事に集中して、の気持ちで。
      油汚れのとれるキュキュッの音、水の流れる音、心地いい音楽。。。
      無駄な水を使わないよう効率を考えながら、
      夕食の献立やこの後の段取りも考えながらの洗い物。

      目の前の作業に集中しているうちに、
      いつの間にか頭の中は目の前の事からかなり離れてしまってる事に気が付きます。
      明日の予定、しなければならない雑事から、
      日々の反省、自分の事や家族・友人の事、
      自分の望む日々についてや、
      時にはささやかながら世界の事にまで。

      家事をしている時間は、時に瞑想にも似た幸せで豊かな時間になりえます。


      いやいや始めたはずの今日の家事でしたが、
      気がついたらそんなひと時になりました。
      終わった頃にはすっきりしたキッチンに、かえって疲れもとれた気分。

      幸いにもお弁当づくりの残りが少しあるし、
      新しいレシピをひとつつくる代わりに
      今日はそれで勘弁してもらいましょう(笑)。

      誕生日でした。

      0
        今日は私の誕生日でした。

        とうとう「不惑」にリーチかかりました(笑)。
        自分でも「えええ〜っっ???」って感じですが。
        まだまだ不惑の心境とはほど遠い、毎日が困惑だらけの日々であります(笑)。


        考えてみれば、あるメーカーさんのショールームにて
        初めて整理収納関連のセミナーを実施したのがちょうど1年前。
        あっという間の年でした。

        今の仕事のペースは、大体「3日に1回」というところ(自宅仕事は別ですが)。
        9年前、生まれたばかりの娘との時間を満喫しながら、
        漠然と「復帰後も週3日ぐらいのペースで働けると、
        仕事と育児のバランスとしては理想的だなあ」なんて考えていました。
        その頃は、まさか自分が休職していた会社に戻る事なく、
        しかも夫婦そろって退社、なんて夢にも思いませんでした(笑)。

        そして今から2年前、下の子が生まれて1年ちょっとたった頃が、
        専業主婦になって以来、一番「惑っていた」時期でした。
        たいした悩みもない、穏やかで幸せな日々に感謝すると同時に、
        贅沢と感じながらも、ぼんやりとした焦りや無力感を感じていた頃でした。

        今ふと気づけば、当時夢みたワークライフバランスが、実現しつつあります。
        実際には、月曜から日曜まで仕事漬けの週があるかと思えば、
        まるまる1週間オフの週があったりで、
        必ずしも余裕しゃくしゃくで両立できている訳ではないけれど。

        そして、以前勤めていた、全く別の業種である会社での経験は、
        生かせないどころか、かけがえのない財産となっています。
        もっといえば、子供の頃からのすべての経験が、まるでパズルのピースのように
        今の仕事にぴったりとつながっています。

        本当に不思議なものですね。
        「あの時、答えが出ない苦しさから逃げずに、悩んだ甲斐があったなあ。」と
        しみじみ思う、リーチのかかったお誕生日でした(笑)。

        search this site

        著書のご案内

        子どもの気持ちがわかる本を書きました!が、実は「ダンナにも効いた!」とひそかに好評♪


        profile

        profilephoto

        categories

        recent comment

        • きちんとした人が、汚部屋になる理由
          Makko
        • ADフェス:「出会い」と「再会」
          Makko
        • きちんとした人が、汚部屋になる理由
          ファミ片1級
        • ADフェス:「出会い」と「再会」
          亀岡あきこ
        • 自宅の押入れ公開
          Makko
        • 自宅の押入れ公開
          ゆきんこ
        • 自宅セミナーから自分の世界を、仕事を広げる
          Makko
        • 自宅セミナーから自分の世界を、仕事を広げる
          ほがらか
        • 自宅セミナーの楽しさを伝えてきました
          Makko
        • 自宅セミナーの楽しさを伝えてきました
          三浦歩美

        recent entries

        links

        archives

        登録中

        Houzzに登録中の世田谷区, 東京都, JPの橋口真樹子
        私の味方 ドリーミアクラブ

        Facebook