なぜ手放さないといけないの?

0
    まだまだ思い切れないモノが多いですか?

    「処分する」という行為は、とても心の痛む事です。
    こんな事を書いている私も、「捨てる」事は今でも苦手です。
    手放す決意をしたモノには、可能なかぎり「第2の人生」を探します。
    環境問題が深刻なこのご時世、やはり「捨てる」事は
    最終手段であるべきだと考えています。

    だからといって不要になったモノを家の中に置いておく事が
    正しい解決法でしょうか。

    人と同じように、モノにもその「存在意義」があります。
    「活かされていない」モノはゴミとなんら変わりないのです。
    時折テレビで放映される「ゴミ屋敷」を見て眉をひそめている方、
    あなたの家はそうではないと言い切れますか(笑)?

    健康分野で流行の「デトックス(毒素排出)」という言葉は、最近では
    「ルームデトックス」という形で、お部屋と関連づけても使われています。
    毒素を排出し、綺麗な血液が循環する新陳代謝の良い体、
    無駄なぜい肉のついていない、メリハリのある体、というのが
    健康な体であるのと同じように、
    不要品を処分し、手入れされ、出し入れしやすく収納された
    大切なモノ達が使われてはもとの場所に片付けられる住まい、
    不必要な維持管理の時間をとられる事なく、本当に大切な事に
    かけがえのない時間を費やす事ができる住まい、というのが
    健全な住まいなのではないでしょうか。


    それでも捨てられない、とおっしゃるのであれば、それらのモノを
    全てダンボールにしまい、トランクルームを借りた場合にかかる金額を
    試算してみて下さい。
    その金額を毎月払い続けていく価値があるかどうか、と自問してみると
    目からウロコかもしれませんよ。
    もっと言うと、あなたは既にそれだけのお金を月々払っている訳です。

    「置いておくだけ」というのが一番安くてラクな方法に思えるから
    なかなか思い切れないのです。
    一度視点を変えて、「不要品」という強敵のために
    時間的、空間的、経済的、精神的にどれだけの犠牲を払っているかを
    考えてみるといいかもしれません。

    不要品の仕分け

    0
      取り出した「不要品」は、「捨てるもの」、「リサイクルするもの」、
      「迷うもの」の3つに仕分けましょう。仕分けるモノの量によって、
      紙袋でもダンボールでもかまいません。また、「別の場所に収めるべきもの」
      が出てきたらこの機会に元の場所にもどしてあげましょう。

      使っていないのにとっておいたモノでも、捨てるのではなく第二の人生を
      与えてあげるのであれば、結構思い切れるのではないでしょうか。
      どうしても決断できないものは、「迷うもの」に入れてください。
      ここでは時間をかけずにパッパッと決めていく事が肝心です。
      あれこれと迷い始めると、とっておく事ばかりを考えてしまいがちです。

      気持ちを盛り上げるために、窓を開けてフレッシュな空気を入れ、
      アップテンポのお気に入りの音楽をかけるといいでしょう。
      間違ってもパッヘルベルの「カノン」等を選ばないように(笑)。

      不要品の処分

      0
        整理収納のメリットが思っていたよりもずっと大きい事を理解して
        いただけましたか?「よし、頑張ってみよう!」と思われた方には、最初に
        「不要品の処分」という一番高〜いハードルが待っています(笑)。
        「不要品」を収納するスペースを探すのに苦労したり、そのための
        グッズを新しく買ったりする事ほど無駄な事はないからです。

        いきなり憂鬱になってしまいました?でもここを避けて先に進もうとすると、
        いったんは片付いても、結局元の木阿弥になってしまいます。

        「もっと収納スペースがあれば…。」、「もう少し広い部屋に引っ越したい」…。
        収納スペースや部屋の狭さに悩んでいる人は、たとえ運良く広いところに
        引っ越せたとしても、しばらくするとまた同じ悩みに直面するものです。
        なぜなら「モノは常に増え続ける」からです。
        不要品を見極めるスキルは、どんな部屋でも快適に暮らすために
        必要不可欠な力です。このステップとしっかり取り組む事によって、
        その後のステップが楽になってきますので、頑張りましょう。

        では「不要品」とは何でしょう。簡単に言うと「必要なモノ以外の全て」です。
        そして、「必要なモノ」とは「あなたが実際に使っているモノ」の事です。
        (「思い出の品」や「コレクション」等は、ここではいったん除きます。)
        まずは過去2、3年の間に、というスパンで判断しましょう。
        「使っているか否か」ですから「まだ使えるモノ」、「こわれていないモノ」、
        「高価なモノ」であっても、実際に使っていなければ全て「不要品」となります。

        手始めにとりかかる場所はあまり広くなく、整理収納の効果がはっきりと
        実感できるような、あなたがよく使う場所がいいと思います。
        まとまった時間がとれるなら、中身を全部出してついでに収納スペースを
        掃除するといいでしょう。すきま時間で少しずつ進める場合は、
        「間引き」方式が後片付けも不要で手軽です。

        search this site

        著書のご案内

        子どもの気持ちがわかる本を書きました!が、実は「ダンナにも効いた!」とひそかに好評♪


        profile

        profilephoto

        categories

        recent comment

        • 本年もありがとうございました。
          Makko
        • 本年もありがとうございました。
          ほがらか
        • 札幌出張 引継ぎリストの効果は・・・
          Makko
        • 札幌出張 引継ぎリストの効果は・・・
          メリー
        • 「捨て神」の降臨 !
          名無しのリーク
        • 「この一言が言えずにいました」
          Makko
        • 「この一言が言えずにいました」
          ほがらかこと、高尾
        • JAPO「お片づけのプロ養成講座」体験説明会でした。
          Makko
        • JAPO「お片づけのプロ養成講座」体験説明会でした。
          村田美智子
        • ママの本気は、家族にも伝わる!
          Makko

        recent entries

        links

        archives

        登録中

        私の味方 ドリーミアクラブ