家族の「出しっぱなし」にイラッとしない

0

    先日の朝、起きたらダイニングテーブルにこんなものがありました。

    あきらかに主人の「出しっぱなし」。

     

    普段家族のために片づけを頑張っていると、

    「なんでこのぐらい片づけてくれないのっ?」と、イラッとする事もありますね。

    でもこの時私は、「あ、よかった」と思いました。

     

    ずっと繁忙期(というよりもはや繁忙年)が続いている主人。

    前日は私も先に寝入ってしまって帰宅時間がわからなかったので、

    「昨夜は一杯飲む余裕があったんだな。」と思えたから。

     

    国内外の出張や深夜の帰宅も多く、傍で見ていてもきつそうなスケジュール。

    自分も働いているからわかりますが、オフの日でもTODOはたくさんです。

     

    お酒の好きな主人ですから、

    リセットの一杯を飲まない日が続く方が、ある意味心配(笑)。

    だから、これを見たときはイラッとするどころか「あ、よかった」と思ったのでした。

     

    そしてなぜか、飲んだビンはキッチンのリサイクルゴミにきちんと(蓋もそこなのに)、

    クリスタルグラスは割れる心配のあるシンク内ではなく、その前の調理台にきちんと。

    ちょっとだけ痕跡を残しているのに、笑っちゃいました。

     

    家族が何かを出しっぱなしにしている時、そこから読み取れることはたくさんあります。

     

    「なんだか余裕なさそうだなあ。」、

    「のんびりくつろいでたんだなー。」、

    「やる事たくさん増えて混乱してる?」、

    「えらく盛り上がったんだねー 笑」、

     

    時には、

    「今日はダメって言ったのに友だち呼んだなっ。」、

    「こっちで食べるなって言ったでしょ?」など、

     

    帰ってきた母に言い当てられて息子が苦笑い、ってこともあったり(笑)。

     

    家族の出しっぱなし、腹を立てるばかりではもったいない。

    時にはそこから家族の様子を読み取ってみませんか?

     

    相手の見え方が変わると、声かけも変わります。

    声かけが変わると、家族の態度と行動が変わるんですよ♪

     

    お片づけを超えた関わり方まで学べる親・子の片づけインストラクター1級認定講座。

    家族にイライラしない、毎日笑顔で過ごせる自分が手に入ります!

     

    大阪 5月27日(土)28日(日) 担当講師:江川佳代
    東京 6月3日(土)4日(日)  担当講師:橋口真樹子
    栃木 6月17日(土)18日(日)  担当講師:橋口真樹子

    ※1級認定講座の申込みは、2級認定講座の受講が条件です

     子どもが片づけてくれなかった理由がわかる!「親・子の片づけインストラクター2級講座はこちら。

     

     

    橋口真樹子主催の講座・サービス:

     ☆頭の中のごちゃごちゃをスッキリ整理!スカイプカウンセリングはこちら。
     リアルなおうちを見られる「自宅セミナー」はこちら。(※現在休止中)
     自分軸の片づけを学べる「整理収納アドバイザー2級認定講座」はこちら。


    ☆子どもとの片づけのポイントは、コミュニケーションであることがわかる本♪

    ひと声かければ5分で片づく! 子どものお片づけ
    *Amazonはこちら。

    人に話す効果

    0

      今日は自分の仕事の事で、コンサルティングを受けました。

       

      普段は自分がする側ですが、今日は逆の立場に立ったことで

      「人に話す効果」を、改めて実感できた日でした。

       

      目の前の仕事に追われ、先送りにしていた自分の棚卸し。

      「やらなくちゃ」と、自分一人の頭で気にしているだけでは

      グルグルするだけで、余計モチベーションが落ちる事があります。

       

      お客様の「片づけなくっちゃ。でも・・・」というお悩みと少し似ています。

      気にすればするほど、目の前の山の大きさにやる気が萎える感じ。

       

      今日は、自分の課題に取り掛かれていない事を自覚しつつ、

      今の気持ちや自分だけで考えるうちに生まれた疑問・モヤモヤを伝え、

      同時に自分の頭を心を整理できたような体験でした。

       

      人に相談するのがなぜ効果的なのかというと、

       

      正確に伝えるために自分の気持ちを言語化しようとすると、

      正体不明だったモヤモヤの原因が自分でも見えてくるから。

       

      自分では見えにくい客観的な意見をもらえるから。

       

      豊富な知識や経験から、自分にない視点やアドバイスをもらえるから。

       

      意見を交換する中で自分のビジョンが明確になるから。

       

      誰かに寄り添い、励ましてもらえるだけでやる気がでるから。

       

      などではないでしょうか。

       

       

      クライアントさんとのお片づけサービスで

      たくさんたくさんおしゃべりしたり質問したりするのも同じです。

       

      1人で片づけていてもなかなか進まないのに、

      一緒に作業をリードしながら寄り添ってもらえるだけでさくさく進む。

       

      物を捨てられない気持ちを分かってもらえたり、

      手放したい気持ちをサポートしてもらえたり、

      物にまつわる思い出をただ聞いてもらえたり、

      定位置や収納方法をプロの知識でアドバイスしてもらえたり。

       

      高すぎる山に見えたものが、プロと一緒にやっていると

      すいすい登れてしまう体験、という感じ。

       

      「できそう」、「できる!」、「やりたい。やろう!」

       

      クライアントさんの気持ちがそんな風に変わるサポートをできるよう、

      これからも精進したいと思いました。

       

       我が子との片づけを成功させる「親・子の片づけインストラクター講座」、全国各地で開催中!

       

       自分軸の片づけを学べる「整理収納アドバイザー2級認定講座」、次回は5/27(土)!

       

       ☆お片づけのプロってどんな仕事?「お片づけのプロ養成講座 体験説明会」はこちら。

       

       ☆頭と心をスッキリ整理。スカイプカウンセリングはこちら。 
       


      ☆子どもとの片づけのポイントは、コミュニケーションであることがわかる本♪

      ひと声かければ5分で片づく! 子どものお片づけ
      *Amazonはこちら。

      一度クリアしたハードルは、ハードルではなくなる

      0

        先週末は、青森での整理収納アドバイザー1級予備講座でした。

         

        半年前に東京まで1級講座を受けにいらしたながおきみのりさんが

        招致してくださって実現した今回の企画。

        青森の方待望の八戸開催でしたが、直前は色々な事が心配で。

         

        「インフルエンザになったらどうしよう・・・。」(ちなみに私は未だなったことない人)

        「移動できないような大怪我をしたらどうしよう?」(おっちょこちょいなんで)、

        「移動中の新幹線が事故ったらどうしよう?」(想像するだけでなにかが起こりそう・・・)。

         

        など、かなーりビビりでヘタレな私。

        無事講座が終了して帰宅した今、心の底から安堵しております。

         

        初めての東北新幹線。なじみのない地なので

        ファミ片で2回行った札幌の方がむしろ心理的には近かったぐらい。

         

        ですが新幹線に乗ったら、八戸、めっちゃ近かったっす(笑)!

        東北の言葉は柔らかく温かく、受講生の方々も人懐っこく話しかけてくれました。

        次回はずっとずっと気楽に行けそうです。

         

        そして今回の講座は受講生の方も、

        心のハードルを振り切って参加してくれた方がたくさん。

         

        初めてベビーちゃんを置いてきたり(授乳できないとおっぱいが張って辛いですよね)、

        片道2,3時間のおひとり様ドライブや宿泊にドキドキしたり。

         

        ながらく「妻・母・主婦」という役割をこなしていると、

        気づかないうちに「自分の好き・やりたい」を抑えてしまいがちです。

         

        家族のためなら払っても、自分用のお金は出しづらい。

        家族のために日々忙しくしていても、自分の予定は入れることさえ気がひける。

         

        無意識のうちに、「どうしてもやりたい!」という気持ちに蓋をしていませんか。

         

        今回の講座のために勇気を出して家族に声をかけ、

        様々な調整をして自分の「受講したい!」を実現した方々。

         

        講座が始まる前は「試験も青森で受けられるといい」と、多くの方に言われました。

        でも2日間の講座が終わった頃には何人もの方々に、

         

        「〇月に東京に受けに行くことにしました!」という晴れやかな笑顔のご報告や、

        「やっぱり早い方がいいんでしょうか?」と、必死で覚悟を決めようとするご相談を

        いただきました。

         

        本当は仙台も東京も決して遠くありません。

        2日間の講座は無理でも、試験なら日帰りで受けられるのです。

         

        できない理由は、距離でもお金でも時間でも家族でもない。

        本当のハードルは、自分自身の心のスイッチを入れる覚悟です。

        でも一度スイッチを入れた経験があれば、次はもっとラクに入れられます。

         

        「どうしてもやりたい。」と伝えれば、きっと家族は応援してくれるんです。

        あなたが普段家族のために頑張っているように、

        家族もあなたを応援したいと思っています。

        「力をかして」と口にすれば、本当はずっとそうだった事に気づけます。

         

        自分の本気を確かめましょう。本気を伝える覚悟を決めましょう。

        そこから、家族の関係まで変わります。

         

        ※初めて募集した八戸での講座には、あっというまに26名が集まりました。

        初日は無駄にVIP仕様な会場に、多すぎる人数を無理やり収納し、

         

        2日目は定番のセミナー室で、講座後の集合写真もパチリ。

        講座後のアンケートには、青森で受講できた事への感謝が、

        たくさんたくさん書かれていました。

         

        前入りで入った夜は、招致してくださったながおきみのりさんと夕食(飲み?)。

        講座が決まった半年前から二日間の講座が終わるまで、

        それはそれは細やかなサポートをしてくださいました。感謝しかありません。

         

        帰宅してからも、現地のお土産で旅行 出張の余韻を楽しめました♪

         

         我が子との片づけを成功させる「親・子の片づけインストラクター講座」、全国各地で開催中!

         

         自分軸の片づけを学べる「整理収納アドバイザー2級認定講座」、次回は5/27(土)!

         

         ☆お片づけのプロってどんな仕事?「お片づけのプロ養成講座 体験説明会」はこちら。

         

         ☆頭と心をスッキリ整理。スカイプカウンセリングはこちら。 
         


        ☆子どもとの片づけのポイントは、コミュニケーションであることがわかる本♪

        ひと声かければ5分で片づく! 子どものお片づけ
        *Amazonはこちら。


        search this site

        著書のご案内

        子どもの気持ちがわかる本を書きました!が、実は「ダンナにも効いた!」とひそかに好評♪


        profile

        profilephoto

        categories

        recent comment

        • AD仲間との一泊旅行にいってきました
          guitar center black friday Blog
        • 自宅セミナーの楽しさを伝えてきました
          Makko
        • 自宅セミナーの楽しさを伝えてきました
          三浦歩美
        • 部屋のレイアウトを考える方法
          Makko
        • 部屋のレイアウトを考える方法
          ハギヤマジュンコ
        • 本年もありがとうございました。
          Makko
        • 本年もありがとうございました。
          ほがらか
        • 札幌出張 引継ぎリストの効果は・・・
          Makko
        • 札幌出張 引継ぎリストの効果は・・・
          メリー
        • 「この一言が言えずにいました」
          Makko

        recent entries

        links

        archives

        登録中

        私の味方 ドリーミアクラブ