揚げ鍋の買い替え

0

    先日新しく手に入れた物が届きました。揚げ物鍋です。

     

     

     

    油ポットと揚げ鍋を兼ねるタイプ。油切りができる網もあり、

    油をキレイに濾過してくれる活性炭フィルターをセットする箇所もあります。

     

    揚げ物自体を一切しない時代もあったのですが、

    子ども達の成長や娘のお弁当の関係など、

    気づけばちょいちょい揚げ物を作る生活になりました。

     

    何年も前に油汚れが落ちなくなった油ポットを処分してからは、

    ちょっとしか使わない油をその都度固めて処分、ポット要らずでした。

    使う鍋も小さなフライパンかミルクパンで代用。

    鍋の数が少ないので、こちらは困ることもありました。

     

    ずーっと「どうしようかなあ」と思っていたのを、突然「買う!」と。

    考える時間が長い分、いざ決めたら即買いです。

     

    昨夜は早速、鶏ささみカツでカツカレー。

    美味しく、使いやすく、油もきれいになりました。

     

    鍋二つ分の高さがあって結構かさばりますので、

    収納場所は事前にチェックが必要です。

    我が家はコンロ下にあるビルトインのオープンレンジ内に。

    この機器は使っていないので収納庫状態。

     

    落ちない油汚れが酷かったミルクパンは手放す事に。

    小さい鍋が必要になったら、揚げ物鍋の上の鍋を使います。

     

    新しい物を買う時は、収納場所を確保することが大事。

    そしてもっと大事なのは、買い替えなら古い方をちゃんと手放す事。

     

    ・・・これ、結構しないことありますよね(笑)。

    ズルズルと物が増えちゃう原因の一つですよー。

     

    直径が小さすぎて、コンロ上の安定感が悪かったミルクパン。

    安心して感謝して、手放すことができました。

     

     片づけの基本を学べる「整理収納アドバイザー2級認定講座」、次回は4/8(土)

     

     我が子との片づけバトルを解決できる「親・子の片づけインストラクター講座はこちら。

      

     ☆頭と心をスッキリ整理。スカイプカウンセリングはこちら。 
     


    ☆子どもとの片づけのポイントは、コミュニケーションであることがわかる本♪

    ひと声かければ5分で片づく! 子どものお片づけ
    *Amazonはこちら。

    新小1女子とのお片づけ

    0

      今日は新小1女子とのお片付けでした。

       

      子どもとのお片付けは、遊びに付き合う感覚で

      楽しくおしゃべりしながら進めます。

      そうでなければ、ずっとつきあってもらう事が

      できないからです。

       

      今日は奥さま・ご主人様の

      全面的なバックアップをいただきながらの作業。

       

      私とお嬢様が「遊んでいるかのように」物を整理し、

      奥さまはその間お嬢様の衣類を整理し、

      ご主人様は「いらない」物をまとめたり、

      家具の移動や掃除をしてくださいました。

       

      小学校入学前の学用品コーナーの準備。

      今日はある家具の移動でコーナーをつくり、

      後日入れ替える家具のご提案をする予定です。

       

      可愛らしくて賑やかで、太陽のように明るい女の子。

      「じゃあ後で遊ぼうね!」には思わず「うん、わかったよ♪」と答えつつ、

      子どもコーナーの次は奥さまのクローゼット整理が残っていたので

      結果的に嘘ついちゃう形に(ごめんね〜)。

       

      お嬢様も頑張りましたが、奥様の衣類整理の勢いもすごかった!

      ずっとストレスだったというクローゼットの整理収納、

      衣類の量が見えてきたので、今後の提案内容もほぼ見えてきました。

      やる気スイッチがさらに入るような提案を頑張りたいと思います。

       

      子育ての黄金期が終わります

      0

        今日は在校生が6年生を「送る会」、

        そして6年生最後の保護者会の日でした。

         

        昨年の4月に年間スケジュールが出たときから空けていた日。

        息子だけでなく私にとっても、11年間の小学校ママ生活の最後です。

         

        体育館で行われる送る会は、6年生が1年生の手をつないで入場。

        私よりも背の高い6年生達は、まるで保護者のような貫禄でした。

         

        息子はまだまだ小柄ですが、年下の面倒を見るのが好きな優しい子。

        昔の息子自身のような、ピョンピョンと元気な男子の手を

        つなぎながら入ってきました。

         

        5学年の子ども達が順番に

        6年生へのメッセージやクイズ・ゲーム・歌を披露し、

        6年生達がそれにこたえてメッセージと歌をプレゼント。

         

        見学を許可された6年生保護者達は、

        1年生の可愛らしさに昔の我が子の姿をみては涙し、

        今の我が子の姿に成長を感じては涙していました。

         

        保護者会では担任の先生が、昨夜突然思い立って作ったという

        一年間の写真を集めたメッセージビデオを流してくれました。

         

         

        なんだかねー・・・。やっぱり寂しい気がします。

         

        子どもとたくさん関われるのは

        小学校時代までなんだなあ、と実感します。

         

        公園遊び、誕生会にお泊り会。

        クリスマスをはじめとした各種年中行事。

        (息子には娘の時ほどしてあげなかった・・・)

        習い事関係の(我が家では娘は英語、息子はサッカーでした)

        様々な当番仕事や送り迎え。

        PTAの委員を10年間、サッカーの運営仕事も3年間。

         

        渦中にいる時はそれはそれは大変で、

        もう勘弁してー!とげんなりしたり、

        少しでもラクに済ませたいと思ったり、

        やらなくて済むときは小躍りしたり(笑)、

        ママ同士で助け合ってなんとかこなしたり、

        時にはイライラしすぎて当の子どもにやつあたりしたり。

         

        でも、それが本当に最後となると、

        「あー、もっとやってあげればよかったかなあ・・・」とも思うんです。

        ・・・多分もう一度繰り返しても、同じだと思いますけどね(笑)。

         

        ーもっと関わってあげればよかったー

        きっとそれは、どんなに関わった人でも、

        思うように関われなかった人でも、

        同じように感じる「チクリとした痛み」なのでしょう。

         

        でもそう思える事は、とても幸せな事。

        だから、それでいいんです、きっと。

         

        だって今日の6年生達は皆、

        本当にいい笑顔をしていましたから。

        親が密かに胸を痛めてようがなかろうが、

        子ども達はすくすくと育っていました。

         

        さあ、ここから先の子育ては、手出しのできない、

        「ながめる子育て」になっていきます。

        やきもき、はらはら、イライラしながらも

        「してあげられる事」がほとんどなくなる、

        見守る子育てです。

         

        高2の娘と同じように、息子ともいい関係を築いていけるのか?

        淋しいけれど、楽しみな気もしています。

         

         我が子との片づけバトルを解決できる「親・子の片づけインストラクター講座」はこちら。

          ➡1級講座の東京開催は、3月9・10日!

         

         自分軸の片づけを学べる「整理収納アドバイザー2級認定講座」はこちら。

         

         ☆頭と心をスッキリ整理。スカイプカウンセリングはこちら。 
         


        ☆子どもとの片づけのポイントは、コミュニケーションであることがわかる本♪

        ひと声かければ5分で片づく! 子どものお片づけ
        *Amazonはこちら。


        search this site

        著書のご案内

        子どもの気持ちがわかる本を書きました!が、実は「ダンナにも効いた!」とひそかに好評♪


        profile

        profilephoto

        categories

        recent comment

        recent entries

        links

        archives

        登録中

        私の味方 ドリーミアクラブ