祖母の姿に「女性の生き方」を考える娘

0

    昨日は朝から娘と一緒に南大沢へ。

    母が定期的に主催している「ジャズプラッツ」というライブで、

    娘がカメラマンのアルバイトを頼まれたので、

    私もお客様として一緒に行きました。

     

    いつもは家内制手工業的に、母と妹2人で開催しているライブですが、

    今回は妹の一人が仕事で手伝えないとのこと。

    自撮り大好き・スマホ世代の娘が、

    「あなた写真撮り慣れてるでしょ?ちょっと手伝ってくれない?」

    と、ばあばに頼まれたのでした。

     

    今回はジャズピア二ストの「田窪寛之さん」のソロライブ。

    リンクを張るためにのぞいた田窪さんのブログ、

    「ゴキちゃんとアシダカグモの話」がツボにはまって爆笑です。

     

    ライブでも飄々としたコメントでお客様を笑わせていましたが、

    音はとにかく優しくて美しくて。

    アンケートにもありましたが「人柄が音にあらわれる」って、

    こういう事なんだろうなあ、と実感。

     

    ジャズライブの会場は、首都大学東京キャンパス内にあるレストラン、

    「ル ヴェソン ヴェール南大沢」。室内も外の景観も、本当に素敵な空間です。

    このレストランは東大のキャンパス内にもあり、

    世間的にはそちらの方が知られているよう。

     

    「都心に出なくても、地元でジャズを聴ける場を。」

    亡き父の影響でジャズが好きになった母が、

    音楽の専門家でもイベント主催のプロでもないのに(本業は翻訳家)、

    ひょんな展開から、年4回のジャズライブを主催し始めてはや10年。

     

    今では、毎回いらっしゃる常連さんにミュージシャンの追っかけの方、

    たまたま知っていらして下さる新規のお客様などで、

    地味な広報活動しかしていないにも関わらず、

    毎回70名以上(!)の賑わい。

     

    「利益の出ないお得な価格だからよ 笑」と謙遜する母ですが、

    それだけでこんな人数の集客ができるものではありません。

     

    普段も都心のライブハウスに出かけて色んなプレーヤーの音楽に触れながら、

    「自分のライブに来てくれるお客様に合うかな?」という視点で

    しっかり見極めて出演交渉をする母。年4回開催の小さなジャズライブですが、

    今ではプレーヤーの方から「ぜひ」と言われる事もあります。

     

    70代の母を見ていて、未だにビジネスの基本を教えられる想いです。

     

    キャリア志向で外でバリバリ働きたかったタイプなのに、

    複雑な家庭環境もあって転勤族の父と結婚し、家族のために尽くしてきた人。

    努力家で正義感が強くて、4人の子どもを育てながら独学で翻訳家になり、

    数年前まで仕事を続けていました。

    その一方で、おっちょこちょいで好奇心旺盛でミーハーで、

    忙しい母の家事を助けてあげるデキた子どもではなかったのに

    「本当にうちの子ども達はいい子たち!」と、未だに親ばか一直線。

    ああ、この人には一生頭があがりません(笑)。

     

    休憩時間に各テーブルをまわってお客様と談笑する「ばあば」に、

    大学生の娘もなにやら思う事があったよう。

    様々な女性の生き方を見て、自分の人生を考えるきっかけにしてくれるといいな。

     

     

     ☆8/8(水)、昭和女子大学キャンパスにてお子様向けお片づけワークショップを開催します!

     

     自分軸の片づけを学べる整理収納アドバイザー2級認定講座はこちら。


     我が子との片づけバトルを解決できる「親・子の片づけインストラクター2級講座はこちら。

     

     ☆片づけ、育児、家族関係に起業。頭のごちゃごちゃを整理するオンラインカウンセリングはこちら。


     ☆家族のコミュニケーションまで変わる!お片づけサービスはこちら。
     


    ☆子どもとの片づけのポイントは、コミュニケーションであることがわかる本♪

    ひと声かければ5分で片づく! 子どものお片づけ
    *Amazonはこちら。

    中学生とのお片づけ

    0

      今日は所沢の方の中学校で、

      思春期の子どもとのお片づけをお伝えしてきました。

       

      今回のお仕事は、息子が転園した保育園でご縁をいただいた

      ママ友からのお声がけでした。

      PTA講演会は、自分の友人・知人からいただく事も本当に多く、

      信頼してもらえるのが本当に嬉しい。

       

      外部講師を定期的に呼ぶ企画。

      小学校ならどの地域でもわりと一般的ですが、

      中学校でもそれをしている学校は珍しいなあと思います。

      講座と先生&保護者の懇談会のセット企画が恒例という中学校。

      素敵な取り組みだな、と思います。

       

      そんなこともあり、保護者の方々だけでなく年代様々な先生方も、

      かなりの数参加して下さってました(汗)。

       

      ほめたりなだめたりすかしたり、がぎりぎり通用する小学生と違って、

      中学生になると親のいう事をきいてもらう事自体が、

      なかなか難しくなります。

       

      口うるさく言うとうざがられ、

      黙って見守ればやるのかと思えば、やっぱりやらない。

      大人なようで子ども、子どもなようでたまーに大人。

      なんともややこしい年代です。

      私自身もそんな娘と息子を経験していますから、

      自分の子育ての気づきと反省に加えて

      仕事の現場で感じた事も含めて、色々とお伝えしてきました。

       

      夕方18時頃に帰宅すると、自宅は空っぽ。

      息子は塾の夏期講習に出かけた後でした。

       

      午前中の部活後の洗濯物は洗濯かごに入っており、

      水筒は台所に出してあり、

      リュックはリビングの決めた場所に戻っていました。

      母不在の今日は、「珍しく」ちゃんと片づけた日。

      毎日できる「片づけ優等生」ではありません。

       

      リビングにはアマゾンから届いた段ボールが。

      数日前に発注した、息子のスニーカーとスパイクでした。

       

      ポチッとした瞬間から一日何度も、まだかーまだかーと騒いでいた息子。

      いざ届いたら靴だけ全部玄関にズラリ、箱はそのままかい、こら。

       

      でも楽しみにしていた靴がやっと届き、

      1人で盛り上がっていただろう様子を想像すると、

      「ま、いっか(笑)」と思えました。

       

      塾から帰宅した息子には、

      「今日は部活後のリセット全部やってたねー」と声をかけ、

      「アマゾンの箱もたたんで玄関にまとめておいて」と頼みました。

       

      「ごはん何ー?」とお決まりのセリフと共に

      あっさりと箱をたたんでテキパキと玄関に移動する息子。

      嫌味を言いたい気持ちを抑えて(笑)シンプルに伝えれば、

      まだまだ素直な年代です。

       

       

       ☆8/8(水)、昭和女子大学キャンパスにてお子様向けお片づけワークショップを開催します!

       

       自分軸の片づけを学べる「整理収納アドバイザー2級認定講座」はこちら。


       我が子との片づけバトルを解決できる「親・子の片づけインストラクター2級講座」はこちら。

       

       ☆片づけ、育児、家族関係に起業。頭のごちゃごちゃを整理するオンラインカウンセリングはこちら。


       ☆家族のコミュニケーションまで変わる!お片づけサービスはこちら。
       


      ☆子どもとの片づけのポイントは、コミュニケーションであることがわかる本♪

      ひと声かければ5分で片づく! 子どものお片づけ
      *Amazonはこちら。

      人生が変わる学びを提供したい

      0

        今日は品川区消費者センター様主催で、

        「子どもとのお片づけ」の講座を担当してきました。

         

        こちらの団体では年間を通して様々な講座を企画・開催されているとのこと。

        今日の講座は託児サービス付きで、受講前に抱っこひもや小さな子供連れのママ達が

        続々と集まり、子どもを預けて講座にご参加くださいました。

         

        2年前から三鷹市で担当させていただいている連続講座のような顔ぶれ。

        私が一番思い入れのある、ママ達に対する講座です。

         

        ママの意識と気持ちが変われば、声かけが変わり、子どもが変わる。

        ママは家族を変える力のあるキーパーソンであり、

        整理収納は暮らしを変える力のあるスキル。

         

        1時間半、ガッツリお話した後の質疑応答はさらに30分を超え、

        会場撤収時間がおすほどの熱心な受講生さんたち。

        はじめてご縁をいただいたご担当者の方々も、

        質問の数にびっくりされていました。

         

        ママ達は片づけだけでなく、子育て全般に悩み惑っています。

        その両方を伝える事ができるメリットは、大きいと実感します。

         

        「整理収納の本を読むだけではわからなかったことがたくさんありました。

        本当に分かりやすかったです。ありがとうございました。」

        本で学ぶ事もとても大事なことですが、

        リアルにやりとりできる講座の力はやはり大きく、

        講師としてのやりがいを感じる瞬間です。

         

        ほんの数時間の学びが、

        その後の自分と家族の人生さえ変える気づきにつながる。

        そんな講座を心がけています。

         

         

         ☆8/8(水)、昭和女子大学キャンパスにてお子様向けお片づけワークショップを開催します!

         

         自分軸の片づけを学べる「整理収納アドバイザー2級認定講座」はこちら。


         我が子との片づけバトルを解決できる「親・子の片づけインストラクター2級講座」はこちら。

         

         ☆片づけ、育児、家族関係に起業。頭のごちゃごちゃを整理するオンラインカウンセリングはこちら。


         ☆家族のコミュニケーションまで変わる!お片づけサービスはこちら。
         


        ☆子どもとの片づけのポイントは、コミュニケーションであることがわかる本♪

        ひと声かければ5分で片づく! 子どものお片づけ
        *Amazonはこちら。


        search this site

        著書のご案内

        子どもの気持ちがわかる本を書きました!が、実は「ダンナにも効いた!」とひそかに好評♪


        profile

        profilephoto

        categories

        recent comment

        • きちんとした人が、汚部屋になる理由
          Makko
        • ADフェス:「出会い」と「再会」
          Makko
        • きちんとした人が、汚部屋になる理由
          ファミ片1級
        • ADフェス:「出会い」と「再会」
          亀岡あきこ
        • 自宅の押入れ公開
          Makko
        • 自宅の押入れ公開
          ゆきんこ
        • 自宅セミナーから自分の世界を、仕事を広げる
          Makko
        • 自宅セミナーから自分の世界を、仕事を広げる
          ほがらか
        • 自宅セミナーの楽しさを伝えてきました
          Makko
        • 自宅セミナーの楽しさを伝えてきました
          三浦歩美

        recent entries

        links

        archives

        登録中

        Houzzに登録中の世田谷区, 東京都, JPの橋口真樹子
        私の味方 ドリーミアクラブ

        Facebook