鬼のいぬ間の我が家は・・・

0

    昨日書いた通り、熊本出張から帰宅すると、我が家は空っぽでした。

     

    しばらく留守した時は、「おうち、どんな状態かなあー・・・。」

    と思いながらドアを開けます。

    我が家はきっちりさんな片づけ優等生は残念ながらいないので、

    母のいない気楽な日々は、普段よりもわさわさ状態。

     

    今回は、ある意味予想どおりでした。

     

    わお!に見えますが、これは「色々やってくれた」状態です(笑)。

     

    キッチンは、シンクを空っぽにしておいてくれました。

    ゴム手袋が出ているので、主人がしてくれたよう。

    その分、食器洗い機の中はてんこ盛り。

    鍋も入っていたので、カレーは完食したみたいです。

    吊戸棚の扉が開いているのは謎。

     

    ゴミ箱の袋のかけ方が豪快でざっくり、私じゃない。

    つまり、ゴミ出しも無事できたという事。

     

    生協のカタログがいつもと違う場所に。

    箱はなかったから、誰かが受け取ってくれたらしい。

     

    リビングにはたたんだ洗濯物が。

    これは「ちゃんと」たたんだ状態です(笑)。

    たたみ方がザックリなのは、主人でも息子でも同じだけど多分主人だな。

     

    洗濯物たたみ、私がやるときは

    1.洗面所行き 2.娘 3.息子 4.夫婦の寝室(または夫婦別々)

    の山に分けて、それぞれに託す(または私が持っていく)事がほとんど。

     

    ですが、主人にはどれが誰の服なのかわかりません(笑)。

    だから、たたんだものが床一面に広がってました。

     

    最近の忙しさを考えると、多分夜の仕事の外出までPC作業に追われ、

    それでも出張から帰った私が少しでもうんざりしなくて済むように、と

    シンクの洗い物と洗濯物たたみを、ギリギリまでやってくれたんでしょう。

     

    娘は不在だったので、散らかりはなし。

    息子はカードゲームをしてたようですが、一応箱に戻していました。

    学校のプリントの数々はダイニングテーブルの上に広げっぱなし。

    でもそれは塾に行く前に、夏休みの宿題も少しはしたということ。

     

    「パパは今すごく仕事が忙しいから、なるべく洗濯物はやってあげて」って

    言ったんだけど、そこまではやっぱり無理だったか、中2男子。

     

    家族それぞれが自分の事を頑張りつつ、

    私の事も気にしてくれたのが伝わってきた、いつもの我が家でした。

     

    最初に戻ったのは塾から帰宅した息子。

    「おー、帰ったのー。」とハグの仕草をしてくれたのにうっかりスルー(笑)。

     

    深夜2時まで夜更かしを楽しんだことを報告するのは素直なのか浅はかなのか。

    そして、

     

    「ちょうどウトウトしたところに、お父さんが帰ってきたんだけど、

    もう一人男の人の声がしててさ。送ってきてくれたのかと思ったら、

    朝キッチンに空っぽのワインの瓶とワイングラスがあったわー笑」と。

     

    トイレ掃除もしてない我が家に、終電を逃した友人を連れ込んだらしい。

    おい。

     

    家族それぞれが、鬼のいぬ間にのびのびと過ごしたのが伝わってきた、

    いつもの我が家でしたとさ。

     

     

     ☆8/8(水)、昭和女子大学キャンパスにてお子様向けお片づけワークショップを開催します!

     

     自分軸の片づけを学べる「整理収納アドバイザー2級認定講座」はこちら。


     我が子との片づけバトルを解決できる「親・子の片づけインストラクター2級講座」はこちら。

     

     ☆片づけ、育児、家族関係に起業。頭のごちゃごちゃを整理するオンラインカウンセリングはこちら。


     ☆家族のコミュニケーションまで変わる!お片づけサービスはこちら。
     


    ☆子どもとの片づけのポイントは、コミュニケーションであることがわかる本♪

    ひと声かければ5分で片づく! 子どものお片づけ
    *Amazonはこちら。

    運と縁に恵まれた熊本出張でした

    0

      昨夜、無事東京の自宅に戻りました。

       

      台風による欠航&延泊は想定外でしたが、

      今回は「運」と「縁」に恵まれた2泊3日でした。

       

      行きの機内で思いがけず盛り上がった隣の席の女性、

      前泊の日の1人メシにつきあってもらった従業員の子である3歳のお嬢ちゃん、

      講演会にご指名くださった養護教諭の先生、

      講演会後、「いちの川」という緑あふれる素敵なレストランにお招きいただいた

      気さくで明るい校長先生や養護教諭の方々。

       

      まだまだ地震の爪痕が色濃く残る熊本の、

      おおらかで温かく、我慢強い人たちの暮らしを垣間見た想いでした。

       

      そして出張の最後には、とても密な新たなご縁をいただきました。

      ほぼはじめましての熊本の整理収納アドバイザー、河田真里さん。

      昔の同僚から講演会の事を知って駆けつけてくださり、

      空港への送迎と5時間の待ち時間につきあってくださいました。

       

      アドバイザーには様々な経歴を経て今の仕事につながった方が多いですが、

      河田真里さんもそんな一人。

      アーティストとしての一面と、

      オフィス整理を中心とした整理収納アドバイザーとしての一面。

       

      仕事の話、これまでの人生の話、家族の話やアートの話・・・。

      お互いにはじめましてとは思えないほどおしゃべりに花が咲きました。

       

      同じ整理収納アドバイザーでも、これまでのキャリアや経験は人それぞれ。

      暮らしに直結する整理収納というジャンルですから、これまでの人生経験が

      その人の暮らしに対する価値観をつくりあげ、それがまた仕事や働き方、

      整理収納で伝えたいメッセージの違いにつながるんだなあ、としみじみ。

       

      嬉しいお声がけをいただき、来春には熊本にもう一度ご縁をいただけそうです。

       

      飛行機が欠航となった際のホテルのチョイスも大当たりだったし、

       

      ※あえて言うなら、ネーミングの割には空港からタクシー遠かった 笑

       

      一度振り替えた飛行機も、再トライの電話中にさらに早い便の1席に変更できたし、

      空港での待ち時間はこの上なく楽しい新たなご縁につながったし、

      台風が近づく熊本も、無事離陸してしまえば雲の上は快晴。

        

       

      色々とハプニングがありつつも、全てがベストな結果につながったような出張でした。

       

      夜の8時半ごろに帰宅すると、

      主人は会食のため外出、娘はバイトで不在、息子は塾に出かけて空き家状態。

       

      思いがけず主婦不在な期間が延びてしまった空っぽな我が家は、というと、

      「色々やってくれてたのは伝わってくるけど、ワオ!・・・」な状態でした(笑)。

      そのことについてはまた改めて書きます。

       

       

       ☆8/8(水)、昭和女子大学キャンパスにてお子様向けお片づけワークショップを開催します!

       

       自分軸の片づけを学べる「整理収納アドバイザー2級認定講座」はこちら。


       我が子との片づけバトルを解決できる「親・子の片づけインストラクター2級講座」はこちら。

       

       ☆片づけ、育児、家族関係に起業。頭のごちゃごちゃを整理するオンラインカウンセリングはこちら。


       ☆家族のコミュニケーションまで変わる!お片づけサービスはこちら。
       


      ☆子どもとの片づけのポイントは、コミュニケーションであることがわかる本♪

      ひと声かければ5分で片づく! 子どものお片づけ
      *Amazonはこちら。

      阿蘇市での講演会でした。

      0

        昨日から熊本県阿蘇市に前入り。

        今日は阿蘇市学校等保健委員会主催の先生・保護者向けの講演会でした。

         

        お声がけくださったのは内牧小学校の養護教諭の方。

        私の本を読んで共感して下さり、ダメ元でお問合せ下さったとのこと。

        (日程さえ合えば、喜んでどこにでも伺ってます♪)

         

        当日の今日は阿蘇市にて二つもイベントが重なっていたにも関わらず、

        100名近くの方々が貴重な土曜に集まってくださり、

        熱心に聞いてくださいました。

         

        講演会の時に、お母さまがたが「あいたた〜」という表情をしながら

        ぶんぶんうなずき、大笑いしてくださる瞬間が大好きです。

        「我が子とのお片づけ」はなかなか痛いテーマですから、

        笑いながらちょっとホロリとしてもらえる、

        そんな伝え方をしたいと思っています。

         

        講演会後は、保健委員会のリーダ―の中学校の校長先生と

        複数の小中学校の養護教諭の方々との会食。

        保健室から見た子ども達や学校の話は、

        本当に興味深くて楽しい時間でした。

         

        楽しい仕事を終えて空港まで送っていただいたまではよかったのですが、

        まさかというか、やはりというか、台風のため羽田行きの便は全て欠航。

        かろうじて空きのあった明日の最終便に振り替え、空港近くのホテルにて延泊。

         

        前泊は会場すぐの内牧温泉街にある蘇山郷。

        老舗旅館ですので階段がNGな方はあわないでしょうが、

        与謝野鉄幹・晶子夫妻ゆかりの、とっても素敵な温泉宿でした。

         

        本日急きょ延泊したのは空港近くのエアポート熊本ホテル。

        前日とは真逆の、モダンで新しいビジネスホテル。

         

        明日のお片づけ作業は元々お客様の事情で延期になってオフ。

        家族との連絡もとれ、大きな支障がない事もわかったので、

        仕事が終わった安心感にくつろげるお一人様ナイトです。

         

         

         ☆8/8(水)、昭和女子大学キャンパスにてお子様向けお片づけワークショップを開催します!

         

         自分軸の片づけを学べる「整理収納アドバイザー2級認定講座」はこちら。


         我が子との片づけバトルを解決できる「親・子の片づけインストラクター2級講座」はこちら。

         

         ☆片づけ、育児、家族関係に起業。頭のごちゃごちゃを整理するオンラインカウンセリングはこちら。


         ☆家族のコミュニケーションまで変わる!お片づけサービスはこちら。
         


        ☆子どもとの片づけのポイントは、コミュニケーションであることがわかる本♪

        ひと声かければ5分で片づく! 子どものお片づけ
        *Amazonはこちら。


        search this site

        著書のご案内

        子どもの気持ちがわかる本を書きました!が、実は「ダンナにも効いた!」とひそかに好評♪


        profile

        profilephoto

        categories

        recent comment

        • きちんとした人が、汚部屋になる理由
          Makko
        • ADフェス:「出会い」と「再会」
          Makko
        • きちんとした人が、汚部屋になる理由
          ファミ片1級
        • ADフェス:「出会い」と「再会」
          亀岡あきこ
        • 自宅の押入れ公開
          Makko
        • 自宅の押入れ公開
          ゆきんこ
        • 自宅セミナーから自分の世界を、仕事を広げる
          Makko
        • 自宅セミナーから自分の世界を、仕事を広げる
          ほがらか
        • 自宅セミナーの楽しさを伝えてきました
          Makko
        • 自宅セミナーの楽しさを伝えてきました
          三浦歩美

        recent entries

        links

        archives

        登録中

        Houzzに登録中の世田谷区, 東京都, JPの橋口真樹子
        私の味方 ドリーミアクラブ

        Facebook