部屋のレイアウトを考える方法

0

    引っ越しの時、新居のレイアウトを考える時に必ずしている事。

    それは「レイアウトごっこ」です。

     

    普段仕事で使っている方眼紙を使って、レイアウトに悩む部屋を寸法どおりに描きます。

    同じ方眼紙を使って、そこに置きたい主要な家具のサイズを描き、切り抜きます。

    (三角スケールがあると便利ですが、ない場合は普通の定規で縮尺を計算して描きます)

     

    家具の裏には、マスキングテープで輪っかをつくったものをペタリ。

    クリアフォルダ―に入れた部屋の上にあれこれと貼って、

    レイアウトバリエーションを楽しく悩みます。

     

    昨日のレイアウト変更も、これで決めました。

    イメージしづらい息子にも、これで見せながら話すと相談がスムーズ。

    ☆before                                               ☆after

      

    今回はラグまで作りました。分厚すぎて、ドアにかかるとドアの開閉ができないから(笑)。

     

    afterの方は、検討中の家具サイズもつくり、買う前に十分検討します。

    「買って悩むな、買う前悩め」が鉄則。

     

    これは二次元ツールなので、高さは表現できません。

    実際には高さによって部屋の圧迫感が変わりますから、そこだけ注意。

     

    やったことがないと、「えー、面倒じゃない?」って思うでしょうが、

    このツールを作るのにかかる時間なんて、一部屋30分足らず。

    これをやる事で、時には何万円もする家具の買い物に、

    失敗しなくてすむのですから、ラクで安上がりです。

    (しかも家具の方は、一度作ったら次の引っ越しでも使いまわせます)

     

    ラクな作業とはいえ、私は基本的には面倒くさがり。

    全部の部屋に関して、この作業をする訳ではありません。

     

    ・狭くてレイアウトが悩ましい部屋

    ・置き家具が多くてバリエーションがたくさんあるLD

     

    基本的にはこの二か所だけ。

    だから今回は、LDと息子の部屋の二か所です。

     

    ☆新居のLDKのレイアウト。ここは事前に配置したのと最終的にはかなり変更。

     

     

    昨年末まで5年ぐらい住んだ家。

    こちらは、83屬ら70屬悗離瀬Ε鵐汽ぅ紺っ越しだったので、

    家全体の収納チェックと家具レイアウトを考えました。

     

    家のレイアウト決めは、その後の暮らしの快適さを左右します。

    ですから、手間暇をかける価値は充分にあります。

     

    中途半端なズボラさんは、

    ここをはぶいて、その後の毎日の暮らしで損をしつづけます。

     

    徹底的なズボラさんは、

    ここに時間をかけて、その後の毎日の暮らしで得をし続けます。

     

    家具のレイアウトは、暮らしやすさの肝。

    そして、思い立ったらいつでも変更できるもの。

     

    ぜひ「レイアウトごっこ」で、より快適な我が家を手に入れてみて!

    それでも無理!と思ったら、ぜひプロの力を借りてください♪

     

     我が子との片づけを成功させる「親・子の片づけインストラクター講座」、全国各地で開催中!

     

     自分軸の片づけを学べる「整理収納アドバイザー2級認定講座」、次回は4/8(土)!

     

     ☆自宅の片づけのアドバイスが欲しい!一緒に片づけて欲しい!方はお片づけサービスへ!

     

     ☆頭と心をスッキリ整理。スカイプカウンセリングはこちら。 
     


    ☆子どもとの片づけのポイントは、コミュニケーションであることがわかる本♪

    ひと声かければ5分で片づく! 子どものお片づけ
    *Amazonはこちら。

    コメント

    萩山さん、
    やっぱりされてますかー笑。
    これはプロでも素人でも一番イメージしやすい方法
    ですよね。
    慣れれば作業としても大変じゃないですし♪

    伝える、は永遠の課題ですね、
    自分が出来なかったなら昔の自分を、
    元々出来たなら相手の話を聴くことから
    でしょうかね。
    お互い一生学びですね♪


    • Makko
    • 2017/03/31 9:21 PM
    先生、おはようございます。
    私もコレ、大好きです!
    妄想模様替えが手軽にできて、失敗も痛くないのでよくやります^ ^

    縮尺やスケール感、慣れてる人には簡単なんですが(私は仕事柄…笑)
    普段関わることのない方に、縮尺の変え方や、読み方を説明するのが難しいなぁというのが最近の悩みです。
    AD仲間にも質問されるのですが…
    こればっかりは慣れと実際やってもらわないとなのでしょうか。人に伝えるって難しいです〜
    コメントする








       

    この記事のトラックバックURL

    トラックバック


    search this site

    著書のご案内

    子どもの気持ちがわかる本を書きました!が、実は「ダンナにも効いた!」とひそかに好評♪


    profile

    profilephoto

    categories

    recent comment

    • 自宅の押入れ公開
      Makko
    • 自宅の押入れ公開
      ゆきんこ
    • 自宅セミナーから自分の世界を、仕事を広げる
      Makko
    • 自宅セミナーから自分の世界を、仕事を広げる
      ほがらか
    • 自宅セミナーの楽しさを伝えてきました
      Makko
    • 自宅セミナーの楽しさを伝えてきました
      三浦歩美
    • 部屋のレイアウトを考える方法
      Makko
    • 部屋のレイアウトを考える方法
      ハギヤマジュンコ
    • 本年もありがとうございました。
      Makko
    • 本年もありがとうございました。
      ほがらか

    recent entries

    links

    archives

    登録中

    私の味方 ドリーミアクラブ