子育ての学びで一番気をつけるべきこと

0

    「片づけてくれない」「言うことをきかない」。

    我が子との日々のバトルは、

    片づけと子育ての悩みが入り混じってややこしいですよね。

     

    2年前に作り上げた「親・子の片づけインストラクター講座」では、

    片づけ と 子育て の悩みの両方を解決できるカリキュラムを意識しました。

     

    だから2級講座の「関わり方」のパートでは、

    子どもへの年代別関わり方や、片づけの具体的な声かけを盛り込んでいます。

    知ればすぐに試せるシンプルな声かけばかり。

    受講生からもその後の嬉しいご報告をいただいたりします。

     

    ですが、このような学びをした時に一番気をつけなければならないこと。

    それは、「子どもを動かす『マニュアル』を手に入れた」と思わないことです。

     

    たとえば、傾聴のスキルの一つとされる「オウム返し」。

    ちょっと賢くなった子ども相手に使うと「なんなの?」とムッとされます。

     

    逆に、一般的にはNGとされる「バカ!」などの言葉や声を荒げる行為が、

    難しい年頃の我が子にしっかりと響く事もあります。

     

    関わり方に、誰にでも効果的な方法や、唯一の正解などはありません。

    結局は言葉や態度など、「形」の問題ではないからです。

     

    お母さん(お父さん)は、本当に私のことをわかってる?

    それは本当に私のために言ってるの?

    親の様々な言葉や態度から、子どもはそこを敏感に感じ取ります。

     

    我が家の息子もこの春から中学生。

    このところ急に思春期目前の、心と態度の変化を感じるようになりました。

     

    息子への言葉と態度は、少しずつ変えていくことになるでしょう。

    時にはぶつからなければならない事もでてくるかもしれません。

    マニュアルやルールではなく、我が子をしっかりと見つめ、

    考えていきたいと思います。

     

    あなたの子育ての学びは、子どものためになっていますか?

    子どもと戦う「武器」にしようとしていませんか?

     

    ファミ片の講座では、片づく仕組み作りだけでなく、

    親としてのあり方を整えるコツをお伝えします。

     

     我が子との片づけバトルを解決できる「親・子の片づけインストラクター講座はこちら。

      ➡1級講座の東京開催は、3月9・10日!

     

     自分軸の片づけを学べる整理収納アドバイザー2級認定講座はこちら。

     

     ☆頭と心をスッキリ整理。スカイプカウンセリングはこちら。 
     


    ☆子どもとの片づけのポイントは、コミュニケーションであることがわかる本♪

    ひと声かければ5分で片づく! 子どものお片づけ
    *Amazonはこちら。

     

    コメント

    コメントする








       

    この記事のトラックバックURL

    トラックバック


    search this site

    著書のご案内

    子どもの気持ちがわかる本を書きました!が、実は「ダンナにも効いた!」とひそかに好評♪


    profile

    profilephoto

    categories

    recent comment

    • 自宅の押入れ公開
      Makko
    • 自宅の押入れ公開
      ゆきんこ
    • 自宅セミナーから自分の世界を、仕事を広げる
      Makko
    • 自宅セミナーから自分の世界を、仕事を広げる
      ほがらか
    • 自宅セミナーの楽しさを伝えてきました
      Makko
    • 自宅セミナーの楽しさを伝えてきました
      三浦歩美
    • 部屋のレイアウトを考える方法
      Makko
    • 部屋のレイアウトを考える方法
      ハギヤマジュンコ
    • 本年もありがとうございました。
      Makko
    • 本年もありがとうございました。
      ほがらか

    recent entries

    links

    archives

    登録中

    私の味方 ドリーミアクラブ