我が子と母の「大丈夫」には、深ーい深い溝がある

0

    中学生になった息子は、人生はじめての塾なるものに通い始めました。

     

    半分以上がお受験する地域に住んでいますゆえ、

    周囲の、受験を乗り越えた子ども達は、

    小学校卒業間際になるとなんだか急に大人びて、

    とてもしっかりしたように見えてきます。

     

    中学校に入ると勉強も科目数も急に増えますから、

    性格を考えると娘と違って息子は少しお尻をたたかれた方がいい。

    そう思って、春期講習から通塾をスタート。

    「えー」と腰の重かった息子も、意外に楽しんでいるので一安心。

     

    が。

     

    4月から始まった、塾の勉強・宿題をめぐるやりとりが・・・。

     

    毎回の宿題、定期的にあるチェックテストなどの準備具合は、

    「大丈夫?」と聞くと「大丈夫ー」。

     

    ・・・・

     

    いや。あの、ちゃんと結果を見て母は言ってるつもりですけど、

    あんまり大丈夫じゃなくないかい?

     

    母の「大丈夫」と我が子の「大丈夫」には、深ーい深い、溝がありまする。

     

    小4〜6年のもっと小さな子ども達と、

    世のお受験ママ達はこんなストレスフルな事をしてたのー、と尊敬。

    私の昨日の「母の日やさぐれ事件」は、こんなストレスも原因のひとつ

    当時頑張っていたママ達(もちろん子ども達も)、本当にお疲れ様でした・・・。

     

    「やらされる」じゃなくて「自発的にやって欲しい」とか、

    「いやいややる」じゃなくて「やる気満々に、目をキラキラ輝かせてやって欲しい」とか、

     

    ママの期待は、エベレストよりも高い(笑)。

     

    中学生の忙しさに共感しつつ応援し、

    口出しすぎず、放置しすぎず、

    失敗も成功の種と信じてあえて見守り、

    我が子の「やる気」をつみとらないよう、

     

    上手なサポートのできる親に、私はなりたい(笑)。

     

     

    お片づけを超えた我が子との上手な関わり方まで

    楽しく学べる親・子の片づけインストラクター1級認定講座

    家族にイライラせず、毎日笑顔で過ごせる自分が手に入ります!

     

    大阪 5月27日(土)28日(日) 担当講師:江川佳代
    東京 6月3日(土)4日(日)  担当講師:橋口真樹子
    栃木 6月17日(土)18日(日)  担当講師:橋口真樹子

    ※1級認定講座の申込みは、2級認定講座の受講が条件です

     

    子どもが片づけてくれなかった理由がわかる!「親・子の片づけインストラクター2級講座はこちら。

     

    橋口真樹子主催の講座・サービス:

     ☆頭の中のごちゃごちゃをスッキリ整理!スカイプカウンセリングはこちら。
     リアルなおうちを見られる「自宅セミナー」はこちら。(※現在休止中)
     自分軸の片づけを学べる整理収納アドバイザー2級認定講座はこちら。


    ☆子どもとの片づけのポイントは、コミュニケーションであることがわかる本♪

    ひと声かければ5分で片づく! 子どものお片づけ
    *Amazonはこちら。

    家族の「出しっぱなし」にイラッとしない

    0

      先日の朝、起きたらダイニングテーブルにこんなものがありました。

      あきらかに主人の「出しっぱなし」。

       

      普段家族のために片づけを頑張っていると、

      「なんでこのぐらい片づけてくれないのっ?」と、イラッとする事もありますね。

      でもこの時私は、「あ、よかった」と思いました。

       

      ずっと繁忙期(というよりもはや繁忙年)が続いている主人。

      前日は私も先に寝入ってしまって帰宅時間がわからなかったので、

      「昨夜は一杯飲む余裕があったんだな。」と思えたから。

       

      国内外の出張や深夜の帰宅も多く、傍で見ていてもきつそうなスケジュール。

      自分も働いているからわかりますが、オフの日でもTODOはたくさんです。

       

      お酒の好きな主人ですから、

      リセットの一杯を飲まない日が続く方が、ある意味心配(笑)。

      だから、これを見たときはイラッとするどころか「あ、よかった」と思ったのでした。

       

      そしてなぜか、飲んだビンはキッチンのリサイクルゴミにきちんと(蓋もそこなのに)、

      クリスタルグラスは割れる心配のあるシンク内ではなく、その前の調理台にきちんと。

      ちょっとだけ痕跡を残しているのに、笑っちゃいました。

       

      家族が何かを出しっぱなしにしている時、そこから読み取れることはたくさんあります。

       

      「なんだか余裕なさそうだなあ。」、

      「のんびりくつろいでたんだなー。」、

      「やる事たくさん増えて混乱してる?」、

      「えらく盛り上がったんだねー 笑」、

       

      時には、

      「今日はダメって言ったのに友だち呼んだなっ。」、

      「こっちで食べるなって言ったでしょ?」など、

       

      帰ってきた母に言い当てられて息子が苦笑い、ってこともあったり(笑)。

       

      家族の出しっぱなし、腹を立てるばかりではもったいない。

      時にはそこから家族の様子を読み取ってみませんか?

       

      相手の見え方が変わると、声かけも変わります。

      声かけが変わると、家族の態度と行動が変わるんですよ♪

       

      お片づけを超えた関わり方まで学べる親・子の片づけインストラクター1級認定講座。

      家族にイライラしない、毎日笑顔で過ごせる自分が手に入ります!

       

      大阪 5月27日(土)28日(日) 担当講師:江川佳代
      東京 6月3日(土)4日(日)  担当講師:橋口真樹子
      栃木 6月17日(土)18日(日)  担当講師:橋口真樹子

      ※1級認定講座の申込みは、2級認定講座の受講が条件です

       子どもが片づけてくれなかった理由がわかる!「親・子の片づけインストラクター2級講座はこちら。

       

       

      橋口真樹子主催の講座・サービス:

       ☆頭の中のごちゃごちゃをスッキリ整理!スカイプカウンセリングはこちら。
       リアルなおうちを見られる「自宅セミナー」はこちら。(※現在休止中)
       自分軸の片づけを学べる「整理収納アドバイザー2級認定講座」はこちら。


      ☆子どもとの片づけのポイントは、コミュニケーションであることがわかる本♪

      ひと声かければ5分で片づく! 子どものお片づけ
      *Amazonはこちら。

      中学生男子の部屋づくり:勉強机がやっと到着

      0

        先日、息子の勉強机がやっと届きました。

         

        机は色々調べて迷おうかとも思っていましたが、

        既に購入を決めていた無印のスタッキングシェルフに合わせて、

        机も回転式チェアも無印に。

        無印の家具は本当に組み立てが簡単。毎度感動します。

         

        5畳の息子部屋は、こんな風になりました。

          

        5畳ですから、ベッド、机、収納家具を入れたら大分狭くなりましたが、

        まあ、まとまった床スペースを作れた方でしょう。

        (でも息子が楽しみにしている「友達を泊める」は、かなり厳しい。そもそも布団ないし笑)

         

        机の横の棚は、

        一段目に 学校の教科書と塾のテキストの両方を、

        二段目に 予備のノートと娘の中学校時代の参考書を、

             (➡ずっと保管してたのがやっと日の目を見られそう)

        三段目に 取り出しにくい場所だし置く物がないので、母の都合で

             クリスマスオーナメントを入れた箱を置かせてもらってます。

         

        写真にはありませんが、クローゼットのドアにはひっかけるフックをつけて、

        制服を「出しっぱなし収納」できるようにしました。

         

        ドア裏のフラップチェストはマンガや本、習字道具などの学用品を。

        棚の上にはかさばりすぎるサッカーボードとベイブレード。

         

        フラップをおろせばスッキリ隠せるこの家具、便利で好きです。

        もう大分ボロボロなんですが、引っ越す度に

        リビング、子ども部屋、リビング、子ども部屋と、

        場所を変えつつ使い続けてきました。

        今回はドア裏なので、一番奥のフラップは開けっ放しにして

        ドアに傷をつけないようにする予定。

         

        しっかし、デスクの中も机の上も、まだスッカスカ。

        リビングの息子の文房具を移動するにしてもあまり量はないし、

        そもそもここで勉強してません(笑)。

         

        この一週間、毎日の学校と塾の勉強、通学リュックの入れ替えに、

        なぜか着替えまでが、結局リビング。

        ちなみに高3の娘も、勉強するのもリュックおくのも弟に同じ。

         

        うちの子達、どれだけリビング好き?

         

        我が家スタイルの夢の間取りは、

        「夫婦の寝室1つ・子ども部屋なし・リビング30畳」かも。

         

         家庭教育学級・講演会のご依頼はこちら。

         

         我が子との片づけを成功させる「親・子の片づけインストラクター講座」、全国各地で開催中!

         

         自分軸の片づけを学べる「整理収納アドバイザー2級認定講座」、次回は5/27(土)!

         

         ☆お片づけのプロってどんな仕事?「お片づけのプロ養成講座 体験説明会」はこちら。

         

         ☆頭と心をスッキリ整理。スカイプカウンセリングはこちら。 
         


        ☆子どもとの片づけのポイントは、コミュニケーションであることがわかる本♪

        ひと声かければ5分で片づく! 子どものお片づけ
        *Amazonはこちら。

         

         


        search this site

        著書のご案内

        子どもの気持ちがわかる本を書きました!が、実は「ダンナにも効いた!」とひそかに好評♪


        profile

        profilephoto

        categories

        recent comment

        • 自宅の押入れ公開
          Makko
        • 自宅の押入れ公開
          ゆきんこ
        • 自宅セミナーから自分の世界を、仕事を広げる
          Makko
        • 自宅セミナーから自分の世界を、仕事を広げる
          ほがらか
        • 自宅セミナーの楽しさを伝えてきました
          Makko
        • 自宅セミナーの楽しさを伝えてきました
          三浦歩美
        • 部屋のレイアウトを考える方法
          Makko
        • 部屋のレイアウトを考える方法
          ハギヤマジュンコ
        • 本年もありがとうございました。
          Makko
        • 本年もありがとうございました。
          ほがらか

        recent entries

        links

        archives

        登録中

        私の味方 ドリーミアクラブ