中学生男子、ファッションに目覚める

0

    今日は自宅でのオンライン会議の合間に、息子の服を買いに行きました。

    ※近所のユニクロ。目的のVネックセーターのほかに

     小さくなっていたパジャマや長袖Tシャツも数枚お買い上げ。

     

    中学2年生の我が家の息子、最近「着る物」にうるさくなりました。

     

    過去にはこんな事件まであったほど、洋服に無頓着だった息子。

    (⇒「パジャマも買えないダメ母です・・・」(過去記事)

    ・・・この事件は息子じゃなくむしろ私のせい)

     

    中1の後半頃から、「ナイキのスニーカーが欲しい」、

    「Tシャツを自分で選びたい」と言ってくるようになり、

     

    美容室でも髪を「長めに」切ってもらうようになり、

     

    主人のクローゼットの服を物色するようになりました。

     

    普段は制服に部活着。でも塾の日やたまの遊びの日には

    男子の間で「私服チェック」がはじまったらしい。

    お年頃ですなあ。

     

    ということで、

    この夏まではまだまだ小学生ちっくな恰好だったのが、

    (※これもTシャツだけは自分で選んでましたが)

     

    なんだか、急に大人っぽくなって来ましたよ。

    ※左:パーカーは主人の、あとはユニクロ

    ※真ん中:ジャケットは主人の、あとはユニクロ

    ※右:セーターは主人の、あとはユニクロ(笑)。

     

    この年代はどこで服を買えばいいんでしょうかね?

    まだ原宿とかに行くほどでもないし、

    かといってユニクロも中途半端なサイズです。

     

    ってか、

    母は色気づくよりも勉強してほしいです笑。

     

     

    12/4 (火)、整理収納の基本を楽しく学べる「整理収納アドバイザー2級認定講座」

    渋谷で開催します♪

    一日で資格もとれる講座ですから、ぜひ片づけスイッチを入れに来てくださいね!

     

     

    【講座案内】片づけを学びたい、片づけのプロになりたいなど

     
     ☆12/4 (火)東京・渋谷:自分軸の片づけを学べる「整理収納アドバイザー2級認定講座」 
     
     ☆12/3(月)東京・渋谷:橋口流「自宅セミナーの開き方」講座(満席・受付終了)

     

    【講座案内】片づけを学んで家族とのバトルを解消したい、子どもとの関わり方を知りたいなど

     
     ☆片づけてくれない我が子との 関わり方を学べる「親・子の片づけインストラクター1級講座

     子どもが片づけてくれる仕組みを学ぶ「親・子の片づけインストラクター2級講座」
     

     

    【講座以外のメニュー】カウンセリングや整理収納サービス

     
     ☆片づけ、育児、家族関係に起業。頭のごちゃごちゃを整理するオンラインカウンセリング  

     ☆家族のコミュニケーションまで変わる!お片づけサービス
     

     

    ☆「親が知っておきたい大切な事1 整理整頓」(旺文社)

     子供向け大人気シリーズの親向けシリーズが登場!

       


    ☆「ひと声かければ5分で片づく!子どものお片づけ」(青月社)

     思い通りにならない子どもへの気持ちが変わり、関係が変わります♪

    ひと声かければ5分で片づく! 子どものお片づけ

    10代がアラフィフのクローゼットから・・・

    0

      服を持っていくようになりました。

       

      娘は高校生の頃から私のクローゼットを、

      息子も最近、主人のクローゼットをあさっています(笑)。

       

      このスカートをみて「あっ!」と思った方、

      相当私のブログ読んでくれてますね、ありがとうございます!(笑)

       

      スカートはもはや娘のクローゼットに入れた方がいいんじゃないかという状態。

      白いトップスは、お仕事関連の「キレイめな場」用に買ったんですが、

      私が1回着る間に娘が10回ぐらい「通常使用」しております。

       

      大学生、そんな服でキャンパス行く必要ある??

      ケチャップとかつけたら本気でしめるぞ、こら。

       

      そして、息子が部屋に置きっぱなしのパーカーとTシャツ。パパのだってば。

       

      パーカーは娘も着てるので競争率が高く、「今どこにあるのー?」状態。

       

      Tシャツは主人の仕事のイベントで、一気に2着(以上?)増えたもの。

      (このパターンがここ数年多く、主人のクローゼットあふれてます 泣)

      息子は新規購入しないで主人のおさがりを移動することにしよう。

       

      そんなこんなで、現在洗濯物の移動先がだいぶ混乱してきた感じ。

      夫婦のクローゼットをやめて、

      「オトコ」と「オンナ」のクローゼット方式がいいのか?

       

      「不公平だなあー・・・」と、うっすら思うのは、

      逆をやると「イタいおばちゃん」になること。

       

      これからはそれを理由に、母の服だけを買う事にします♪

       

       

      【講座案内】片づけを学びたい、片づけのプロになりたいなど

       
       ☆10/14 (日)東京・渋谷:自分軸の片づけを学べる「整理収納アドバイザー2級認定講座」 
       
       ☆12/3(月)東京・渋谷:橋口流「自宅セミナーの開き方」講座

       

      【講座案内】片づけを学んで家族とのバトルを解消したい、子どもとの関わり方を知りたいなど

       
       ☆片づけてくれない我が子との 関わり方を学べる「親・子の片づけインストラクター1級講座

       子どもが片づけてくれる仕組みを学ぶ「親・子の片づけインストラクター2級講座」
       

       

       

      【講座以外のメニュー】カウンセリングや整理収納サービス

       
       ☆片づけ、育児、家族関係に起業。頭のごちゃごちゃを整理するオンラインカウンセリング  

       ☆家族のコミュニケーションまで変わる!お片づけサービス
       

       

      ☆ネットでの予約開始!「親が知っておきたい大切な事1 整理整頓」(旺文社)

       子供向け大人気シリーズの親向けシリーズが登場!

          


      ☆「ひと声かければ5分で片づく!子どものお片づけ」(青月社)

       思い通りにならない子どもへの気持ちが変わり、関係が変わります♪

      ひと声かければ5分で片づく! 子どものお片づけ

       

      ワ―ママの悩みと子どもの想い

      0

        「もっと子どものそばにいてあげた方がいいのかなあ・・・?」

        そう考えた事のないワーキングマザーはいないんじゃないでしょうか。

        子どもが小さい頃はなおさらです。

         

        先日、フルタイムのワーママさんからいただいたメール。

        (ご本人の許可はいただいております)

         

        少し前に、小1のお嬢さんが不登校になったとの事。
        その時期はつい、原因追究ばかりに目が向いてしまい、

        「なんとか学校へ行けるようにしたい」という、

        母の思いが優先してしまったそうです。

         

        フルタイムで働きながら、

        1年生になったばかりの娘さんとの登校するしないのやりとり。

        お子様の年齢的にも、おかあさまのスケジュール的にも大変です。

        気持ち的には寄り添ってあげたくても

        状況的には行かせるしかないというジレンマもあったでしょう。

         

        私も小学生ママを11年経験しましたが、

        今の時代は各クラスに不登校の子供が1,2人はいるほどで(特に中学生)、

        どの家庭でもおこりえる事なんだ、と実感させられます。

         

        そんな大変さが無事一段落した後も、色々と考えてしまったお母さま。

        先日、お嬢さんにふと言ってみたんだそうです。


        「ママ、毎日会社に行ってるけど、もう少しおうちであなたと過ごす時間が

        持てたらいいなっていう気持ちがあって、今悩んでいるの」と。

         

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
        てっきり娘からは、「もっと家にいて!」だと思っていたのですが
        娘の口から出た言葉は、

        「お仕事だって、楽しいこと、たくさんあるでしょ?

        私も学校で嫌なこともあるけど、楽しいから行こうって思っている」
        でした。

        そんな娘の言葉に、逆に元気をもらいました。
        身体は小さくても、心はグングンと成長しているものなのですね。。。
        娘に日々育てられています。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        仕事に向かうバスの中で、うっかり読んでしまったメールに、

        泣かされてしまいました。

         

        お母さまが思っていた以上に、たくましい心が育っていたお嬢さん。

        半年ぐらいの間に、小1女子は何を体験し、何を感じたのでしょうね。

         

        お母さんには様々なジレンマがあったとは思いますが、

        我が子を思う気持ちは、ちゃんと娘さんに伝わっていたのでしょう。

         

        関わる時間の長さじゃなくて、中身が大切なんだ。

        そして、子どもは親が思うよりずっと、

        感受性が強くて、賢くて、頼もしい。

         

         

        【講座案内】片づけを学びたい、片づけのプロになりたいなど

         
         ☆10/14 (日)東京・渋谷:自分軸の片づけを学べる「整理収納アドバイザー2級認定講座」   
           ※11月以降の日程もリンク先からどうぞ♪

         

         

        【講座案内】家族との片づけバトルを解消したい、子どもとの関わり方を学びたいなど

         
         ☆我が子との関わり方に悩まなくなる!「親・子の片づけインストラクター1級講座
          
         ☆全国各地:子どもが片づけてくれる仕組みを学ぶ「親・子の片づけインストラクター2級講座」 
         

         

        【講座以外のメニュー】

         
         ☆片づけ、育児、家族関係に起業。頭のごちゃごちゃを整理するオンラインカウンセリング    

         ☆家族のコミュニケーションまで変わる!お片づけサービス
         

         

        ☆「親が知っておきたい大切な事1 自分から片づけるようになる整理整頓」(旺文社)

         旺文社の子供向け大人気シリーズの親向けシリーズを監修させていただきました!

           


        ☆「ひと声かければ5分で片づく!子どものお片づけ」(青月社)

         思い通りにならない子どもへの気持ちが変わり、関係が変わります♪

        ひと声かければ5分で片づく! 子どものお片づけ


        search this site

        著書のご案内

        子どもの気持ちがわかる本を書きました!が、実は「ダンナにも効いた!」とひそかに好評♪


        profile

        profilephoto

        categories

        recent comment

        • きちんとした人が、汚部屋になる理由
          Makko
        • ADフェス:「出会い」と「再会」
          Makko
        • きちんとした人が、汚部屋になる理由
          ファミ片1級
        • ADフェス:「出会い」と「再会」
          亀岡あきこ
        • 自宅の押入れ公開
          Makko
        • 自宅の押入れ公開
          ゆきんこ
        • 自宅セミナーから自分の世界を、仕事を広げる
          Makko
        • 自宅セミナーから自分の世界を、仕事を広げる
          ほがらか
        • 自宅セミナーの楽しさを伝えてきました
          Makko
        • 自宅セミナーの楽しさを伝えてきました
          三浦歩美

        recent entries

        links

        archives

        登録中

        Houzzに登録中の世田谷区, 東京都, JPの橋口真樹子
        私の味方 ドリーミアクラブ

        Facebook