会社員時代の衝撃の初プレゼン

0

    夏休みに入っても、PTA講演会のご依頼をいただいております。

    その多くが講演会参加者からの「下の子(または上の子)の学校でもぜひ」

    というご依頼だったり、他校のママ友への口コミだったりします。

     

    「よかったよー!」と薦めてもらえるのが、本当に本当に嬉しいです。

    これからもご依頼の一つ一つの講演会に、心を込めて丁寧にお応えします。

    (講演会についてはこちらのページをご覧ください。)

     

    今の仕事で起業するまでは、講師業は未経験。

    会社員時代は、話す事に対して苦手意識さえありました。

    (今でも自分の悪いクセは自覚しているので、

    それが出ないよう、意識して気をつけています)

     

    新卒入社した会社では、人事部に配属されました。

    最初にたたきこまれた「ほうれんそう(報告・連絡・相談)」。

    これが気をつけても、なかなかうまくいかなくて。

     

    メモを事前に用意して上司のところに伝えに行くのに、

    伝えている最中に、上司がイライラし始めるのがわかる。

    新人の自分はそれを見ながら焦って緊張してしまい、

    さらに説明がしどろもどろに、を何度も繰り返しました。

     

    人事部での担当は研修と新卒採用。

    入社3年目の頃、会社説明会の司会進行を任されました。

     

    普段上司をイラつかせるほど説明ベタなのに(笑)、

    100人近くの学生の前で、マイクを持っての会社説明です。

     

    採用の最初の入り口となる、責任重大なお役目。

    大きな不安を感じながら、

    当日のスライドにあわせて一言一句の原稿を作成しました。

     

    そして初回説明会の数日前、人事部内でリハをさせられる事に。

    定時後の残業時間帯に、部長・副部長、先輩方が、

    私のプレゼンのために、会議室に集まってくれました。

     

    会議室で当日の原稿を手元に準備してのプレゼン。

    緊張しすぎて原稿を見る事はできませんでした。

    が当然ながら、原稿を見ないと全然話せない。

     

    それはそれは無残なプレゼンでした(笑)。

     

    ソフトで優しい先輩やハキハキと頼りがいのある先輩、

    面倒見が良くて面白い先輩に人事部長と副部長など

    10名程度のギャラリー。

     

    プレゼンが終わったときにはその全員の顔が、

     

    「まじか・・・」

     

    と語っていました・・・。

     

    まるでお葬式のような重苦しい沈黙が流れたのを

    今でもはっきりと覚えています(笑)。

     

    その場がどう終わったのか、誰かがフォローしてくれたのか、

    面白おかしく茶化してくれたのか、

    はたまた的確なアドバイスとともにハッパをかけられたのか。

     

    全く覚えていません。

     

    でもリハーサルをした事で現状がわかり、

    やるべきことが分かったのでした。

     

    橋口真樹子の個人サービス:

    ☆ママは笑顔で「家族の中心」になろう!  「幸せ家族の整理力」講座はこちら

    ☆悩めるママ達に大好評!家庭教育学級や講演会はこちら。

    ☆頭の中のごちゃごちゃをスッキリ整理!スカイプカウンセリングはこちら。

    ☆自宅の片づけを手伝ってほしい!お片づけサービスはこちら。
    自分軸の片づけを学べる「整理収納アドバイザー2級認定講座」はこちら。

     

    子どもの片づけを、上手にサポートできる親になる

     「親・子の片づけインストラクター認定講座」のご案内:

     ☆我が子が片づけてくれた!「親・子の片づけインストラクター2級講座」

      ※全国各地で認定講師であるマスターインストラクター達が開講!

     

     ☆ガミガミママは卒業!親・子の片づけインストラクター1級講座

     

      ※理事担当の1級講座: ・広島    9月23・24日(江川)

                 ・大阪  10月14・15日(橋口)

                 ・東京  10月21・22日(橋口)

                 ・名古屋 11月11・12日(江川)

                 ・東京  12月  9・10日(橋口)

     

    ☆子どもとの片づけのポイントは、コミュニケーションであることがわかる本♪

     

    ひと声かければ5分で片づく! 子どものお片づけ
    *Amazonはこちら。

    認定講師になるための勉強法

    0

      今日は整理収納アドバイザー2級認定講座でした。

      認定講師の資格を取られたばかりのアドバイザーさんが、

      オブザーブにいらっしゃいました。

      彼女と話していて、自分が認定講師試験を受けたときのことを

      思い出しました。

       

      ファミ片の活動では認定講師の育成もしておりますが、

      整理収納アドバイザーとしては、私自身も認定講師として、

      2級認定講座および1級予備講座をお伝えしています。

       

      私が整理収納アドバイザーの認定講師試験を受けたのは10年前。

      まだ協会の理事しか教えられる人がいなかった時代に、

      本部開催の講座を増やすために講師試験を受けるよう言われました。

       

      試験の方法は今と同じく、スライドを使った講座デモ。

      「私よりよっぽど講座内容をご存知ですよね?」な協会理事達の前で

      講師役として話すのは、なかなか緊張しました(笑)。

       

      認定講座のスライドは、それを作り上げた人の考えをくみ取って、

      講座の理論を正確に伝える事が大切。持論を語る場ではありません。

       

      そのためには、スライド資料をみながら、

      「それを作った人の意図」を考え、理解する事が大切です。

       

      ・これは何を伝えるためのスライドなのか、要点は何か。

      ・このスライドをわかりやすく説明するには、そこにある言葉を

       どんな順番で解説するか。

      ・補足のための解説や事例は必要か不要か。必要な場合、

       受講生に伝わる補足をするには何をどう入れるか。

      ・前後のスライドとの関係はどうなっているのか。

      ・一日飽きずに楽しみながら、そして「わかった、やってみよう!」

       と思ってもらえるにはどう伝えるか。

       

      他人の作ったスライドの意図を考えながら、

      最終的には「自分の言葉で自在に」説明できるほど、深く理解します。

       

      指導要綱があるなら、それを読みながら

      内容を「暗記」するのではなく「理解」する。

       

      暗記するのでは、実際に試験官の前に立った瞬間、

      緊張のあまり全てが吹っ飛んでしまいます。

      理解していると、スライドを見れば話すべき事が思い出せます。

       

      「事前に原稿を作るか作らないか?」は、人によって違うかもしれません。

       

      言葉を練りに練った一言一句の原稿を作るのは、お薦めの練習法です。

      一言一句の原稿を読むと、前に立つ自分をより具体的にイメージしやすくなるし、

      理解できている部分とできていない部分が、作っていて明確になるからです。

       

      ですが最終的には、その原稿がなくても話せるぐらい

      自分の中に落とし込む事が不可欠。

      しっかり落とし込めていないと、一言一句の細かい原稿は

      かえって目を離せなくなってしまいます。

       

      話す事の要点だけを箇条書きにする方法もあります。

      その場合は、箇条書きの内容をみながらアドリブで話せるスキルが必要。

      それも繰り返しデモの練習をする事でしか身につきません。

       

      講師になる練習は、つくづく地道な努力だなあと思います。

       

      でもそれを一つの講座でしっかりやっておく事は大切。

      他の講座でも応用できる本物の力がつくので、

      より少ない準備で仕上げられるようになります。

       

      スライド資料を見てたくさん考えながら読み込む。

      原稿を作ってみたり、それをブツブツつぶやいてみたり、

      自分が前に立って話す姿をイメージしたり、

      実際に立って話してみたり。

       

      「きっと大丈夫」と思えるほどの準備を積み重ねて初めて、

      自信を持って試験にのぞむ事が出来ます。

       

      そして、そこまで準備した講座は、伝えていて楽しい。

      自分が作った講座ではなくても、自分の一部のように話しやすくなります。

       

      悩んでいた受講生達が、私の言葉で明るい笑顔に変わる。

       

      講師試験を控えたファミ片のマスター養成講座のみんなには、

      そんな日がくることを想像しながら、精一杯の準備をして欲しいです。

       

      子どもの片づけを、上手にサポートできる親になる

       「親・子の片づけインストラクター認定講座」のご案内:

       ☆我が子が片づけてくれた!「親・子の片づけインストラクター2級講座」

        ※全国各地で認定講師であるマスターインストラクター達が開講!

       

       ☆ガミガミママは卒業!親・子の片づけインストラクター1級講座

       

        ※理事担当の1級講座: ・広島    9月23・24日(江川)

                   ・大阪  10月14・15日(橋口)

                   ・東京  10月21・22日(橋口)

                   ・名古屋 11月11・12日(江川)

                   ・東京  12月  9・10日(橋口)

       

      橋口真樹子の個人サービス:

      ☆ママは笑顔で「家族の中心」になろう!  「幸せ家族の整理力」講座はこちら

      ☆悩めるママ達に大好評!家庭教育学級や講演会はこちら。

      ☆頭の中のごちゃごちゃをスッキリ整理!スカイプカウンセリングはこちら。

      ☆自宅の片づけを手伝ってほしい!お片づけサービスはこちら。
      自分軸の片づけを学べる「整理収納アドバイザー2級認定講座」はこちら。


      ☆子どもとの片づけのポイントは、コミュニケーションであることがわかる本♪

       

      ひと声かければ5分で片づく! 子どものお片づけ
      *Amazonはこちら。

      広くても狭くても心地良さは手に入る

      0

        先日の「自宅セミナーの開き方」講座、

        受講生の伊藤美佳代さんからのお礼メールをご紹介します。

         

        この方は、狭くて古い団地からピカピカの注文住宅に引っ越した方。

        なのに、自宅セミナーの再開に踏み切れずにいたそうです。

         

        ☆先日はありがとうございました。

         お礼メールの送り方など、最後まで勉強になりました!

         

        橋口さんの経験されてきたことを直にたっぷり楽しくお聞きできて

        さらに参加の皆さんともお話をシェアできたこと

        本当に参考になることばかりでした。

         

        自宅セミナーを本格的に再開したいと思いつつ

        色々考えてしまってなかなか動けずにいましたが

        自分のやりたいと思う自宅セミナーを

        自信を持ってやれそうな気がしています(スイッチが入りました!)

         

        今回、自分の「売り」に改めて気付けたことも大きいですが、

        自宅セミナーを開催するにあたって(・・・中略・・・)、

        心に留めておくことを確認できたのは大きかったです。

         

        2級講座や他のセミナーで話す機会も増えているなか

        橋口さんのセミナー資料や進め方、話し方なども

        とても勉強になりました!本当にありがとうございました!

         

         

        ブログへの掲載許可、ありがとうございました。

         

        古くて狭い旧居から、ピカピカの新居への引っ越し。

        誰もがうらやましがるような状況に聞こえますが、

        伊藤さんは自宅セミナーの再開に二の足を踏んでいました。

         

        講座の中でその理由が分かった途端、

        私から見てもパッと表情が変わったようでした。

        講座が終わる頃には、セミナー内容のアイディアまで見えてきたそう。

         

        狭くても古くても、整理収納の力でお家はいくらでも心地よくできる。

        彼女のブログの旧居の画像を見ていて、

        彼女の家に対する想いが伝わってきました。

         

        新居と旧居と、整理収納の実例が倍になった伊藤さん。

        9月頃に再開予定の自宅セミナーも、さらに充実した内容になること間違いなし♪

        楽しみにしていてくださいね!

         

        子どもの片づけを、上手にサポートできる親になる

         「親・子の片づけインストラクター認定講座」のご案内:

         ☆我が子が片づけてくれた!「親・子の片づけインストラクター2級講座」

          ※全国各地で認定講師であるマスターインストラクター達が開講!

         

         ☆ガミガミママは卒業!親・子の片づけインストラクター1級講座

         

          ※理事担当の1級講座: ・広島    9月23・24日(江川)

                     ・大阪  10月14・15日(橋口)

                     ・東京  10月21・22日(橋口)

                     ・名古屋 11月11・12日(江川)

                     ・東京  12月  9・10日(橋口)

         

        橋口真樹子の個人サービス:

        ☆ママは笑顔で「家族の中心」になろう!  「幸せ家族の整理力」講座はこちら

        ☆悩めるママ達に大好評!家庭教育学級や講演会はこちら。

        ☆頭の中のごちゃごちゃをスッキリ整理!スカイプカウンセリングはこちら。

        ☆自宅の片づけを手伝ってほしい!お片づけサービスはこちら。
        自分軸の片づけを学べる「整理収納アドバイザー2級認定講座」はこちら。


        ☆子どもとの片づけのポイントは、コミュニケーションであることがわかる本♪

         

        ひと声かければ5分で片づく! 子どものお片づけ
        *Amazonはこちら。


        search this site

        著書のご案内

        子どもの気持ちがわかる本を書きました!が、実は「ダンナにも効いた!」とひそかに好評♪


        profile

        profilephoto

        categories

        recent comment

        • 自宅の押入れ公開
          Makko
        • 自宅の押入れ公開
          ゆきんこ
        • 自宅セミナーから自分の世界を、仕事を広げる
          Makko
        • 自宅セミナーから自分の世界を、仕事を広げる
          ほがらか
        • 自宅セミナーの楽しさを伝えてきました
          Makko
        • 自宅セミナーの楽しさを伝えてきました
          三浦歩美
        • 部屋のレイアウトを考える方法
          Makko
        • 部屋のレイアウトを考える方法
          ハギヤマジュンコ
        • 本年もありがとうございました。
          Makko
        • 本年もありがとうございました。
          ほがらか

        recent entries

        links

        archives

        登録中

        私の味方 ドリーミアクラブ

        Facebook