タオルを一気に入れ替えました。

0

    今日は早朝と深夜に、ファミ片マスター(認定講師)との

    ズーム(オンライン)勉強会がありました。

     

    私は今回司会進行役、いわゆるファシリテート役でした。

    が、難しい。自分が話すだけの講演会などと比べて、色んな意味で難しいです。

     

    自分の講座の内容も進め方も、この12年間で少しずつ変わっています。

    ビギナーの頃はきっとできなかったであろうアドリブや臨機応変な対応を、

    楽しみながら組み立てられるようにもなりました。

     

    それでも今日のような場は、やっぱり試行錯誤。

    反省も改善も、新たなチャレンジも、ずっと続くんだなあと実感します。

     

    そんな我が家ではここのところ、いろんな物の見直し中。

    その一つがタオル。まとめて一気に入れ替えました。

     

    我が家はお風呂にバスタオルを使いません。なのでフェイスタオルばかりを20枚。

    今までのホワイトを、ベパーミントグリーンにしてみました。

     

    今日届いたので早く入れ替えたくて、日中に乾燥機使って洗濯しました。

    一気にそろったフワフワタオルは、やっぱり見た目も感触も断然よろしい。

    このタオル、一枚300円しないんです、安くないですか?

     

    以前もタオルを入れ替えた時に、記事書いてました。ほぼ2年前に。

    ・・・ま、まさかこの時のタオルがそのままだった?そんなことないよね・・・。

    いや、旧タオルのグレーっぷりを見る限り、あるかも。新旧比較は今回も自主規制(汗)。


    お片づけ作業に伺うお宅では、タオルって意外と「在庫」を見かける事が多いです。

    大体、いただき物としてたまったものだったりして、在庫として買っている人は少ない。

     

    そして、キレイな「在庫」があるのに、使っているタオルはボロボロになってたり、

    入れ替えたとしても、古いタオルも「ボロ布」としてそのままの量でとっておいたり。

     

    意外とかさばるアイテムですから「本当に使う量」だけとっておきましょう。

    そんなにふき掃除、します(笑)? 

     

    今回の白いタオルは、ほぼ処分する予定。

    月一度の古布リサイクル日が終わったばかりなので(涙)、

    1ヶ月だけ保管します。

     

    最初にお風呂に入ったのは、中2の長男。

    「おー、やっぱりフワフワ気持ちいいわー」と、盛り上がっておりました。

     

    タオル以外にも、ちょっと到着日が遅れている「スチームアイロン」、

    そして明日届く予定の「座布団カバー」など、他にも小さな入れ替えが続く予定。

    暮らしのささやかな、でもちょっと幸せな入れ替えです。

     

     片づけの基本が学べる!整理収納アドバイザー2級認定講座はこちら。

     ☆片づけ、育児、家族関係に起業。頭のごちゃごちゃを整理するオンラインカウンセリングはこちら。
     ☆家族のコミュニケーションまで変わる!お片づけサービスはこちら。
     我が子との片づけバトルを解決できる「親・子の片づけインストラクター2級講座はこちら。


    ☆子どもとの片づけのポイントは、コミュニケーションであることがわかる本♪

    ひと声かければ5分で片づく! 子どものお片づけ
    *Amazonはこちら。

    ライフステージで変わるGWの過ごし方

    0

      今日ははやゴールデンウィーク最終日。皆さんはどのような連休でしたか?

      小さな子どものご家庭は「今日は何する?」、「今日はどこ行く?」が、

      楽しくも悩ましい連休だったかもしれません。

       

      我が家は気づけば、大学生と中学生の4人家族。

      父の7回忌に全員集合したりもしましたが、

      基本的には夫婦それぞれの仕事、娘のバイトや友達との約束、

      息子の部活や友達との約束など、

      それぞれの予定を入れて過ごした連休でした。

       

      昨日はあらかじめ日程を約束しての「夫婦デート」。

      映画、ランチ、美術館、お散歩、プチ飲みにボート乗りなど、

      朝から晩まで久しぶりにフルコースで遊びました。

       

      おもいのほか帰りが遅くなったのでお弁当を買って帰宅。

      (夕食づくりのあるなしは、主婦にはえらい違いです 笑)

      出かける時にはまだ寝ていた娘は、遊びからのバイトのヘルプ養成、

      息子は友達と家遊びからの、下北沢サイクリングだったそう。

       

      「GWの過ごし方がすっかり変わったなあー」と思ったので、

      10年間の手帳で、この季節を振り返ってみました。

       

      2006年(息子が2歳、娘が小1)からの10年間。

      もともと大型の予定は入れない我が家、小さな予定がモザイク状態。

      年によっては主人と私のどちらかが仕事づけなど、バランスもずいぶん色々でした。

       

      ・主人の実家へ(日帰りやお泊り)

      ・私の実家(基本主人が仕事で不在時に、母子だけでお泊り)

      ・友人家族とホムパまたは外でお遊び

      ・家族で公園やショッピングモールへのお出かけ

      ・子供の習い事の発表会やサッカーの試合

      ・自分の仕事(お片づけ作業やイベントセミナーなど)、父子は遊び(多分)

       

      それぞれの年齢があがるにつれて我が家や実家のライフステージも変わり、

      これらの予定も、少しずつ変わってきました。

       

      ・負担がないよう、主人の母とは外で日帰りで会うようになり、

      ・私の実家のダウンサイズ引っ越しで、やはり日帰りまたは我が家に来てもらうようになり、

      ・夫婦のスケジュールの関係上、ホムパ回数は激減し、

      ・「家族で公園」は、「夫婦で公園」に変わり(笑)、

      ・発表会はなくなり、サッカーの試合は息子だけのイベントとなり(たまには行くか)

      ・かくして自分の仕事は入れたい放題(笑)

       

      たいして代わりばえがしないと思っている家族の時間は、

      少しずつだけど、大きく変わっているんですよね。

      「大事な相手を大事にする」ーたまには意識しようと思います。

       

       ☆片づけ、育児、家族関係に起業。頭のごちゃごちゃを整理するオンラインカウンセリングはこちら。
       ☆家族のコミュニケーションまで変わる!お片づけサービスはこちら。
       自分軸の片づけを学べる「整理収納アドバイザー2級認定講座」はこちら。
       我が子との片づけバトルを解決できる「親・子の片づけインストラクター2級講座」はこちら。


      ☆子どもとの片づけのポイントは、コミュニケーションであることがわかる本♪

      ひと声かければ5分で片づく! 子どものお片づけ
      *Amazonはこちら。

      息子の身長を伸ばしたい!

      0

        この春中学2年生になった息子、やっとやっとの成長期到来!

         

        14年前、「早く生まれておいでね〜」という、

        私の浅はかなリクエストどおりに3週間早く生まれた息子。

        手足が鶏ガラのように細く、宇宙人みたいなベビーでした。

         

        いつも一番小さくて細かった保育園・小学校時代。

        健康体でめったに体調を崩さず、足は早かったのですが、

        チビな私は「母の遺伝子でごめんよ・・・」と申し訳なく思う日々でした。

         

        が、やっと来ました成長期、昨年は10センチ伸びました。

        とはいえスタートが小さいので、ようやく私に追いついた程度。

        周りはもっと伸びているし、「真ん中」ぐらいにはしてあげたい・・・。

         

        ということで「息子の今の成長期を逃してはならん!」が、目下夫婦の合言葉。

        仕事柄、体や健康などの情報がたくさん入ってくるようになった主人が、

        先日専門家に教えてもらった情報をシェアしてくれました。

         

        ●身長を伸ばす三要素は、栄養・睡眠・運動

        そして、遺伝的要素はやっぱり大きいそう。しかも母親の・・・涙)

        <栄養> 高成長時期は、鉄と亜鉛が不足する
        朝 鉄分サプリを飲ませる
        夕 亜鉛サプリを飲ませる 

        飲む順番が大事。また、牛乳を同時に飲むのはNG。

        カルシウムのトランスポーターとぶつかるため。

        <睡眠> なるべく背骨まっすぐ&寝返りしやすい高反発マットレスで

        マットレスの値段はきりがないけれど、と教えてくれたお安め?なこれ。

        http://www.risetokyo.jp/sleep_oasis/

        夜は10時以降起きているのは、成長ホルモン分泌が下がるので絶対ダメ。
        毎日同じ時間に寝るのが大事。同じ時間に寝ることで分泌量が飛躍的に増える

        <運動> 高強度の運動であれば、週5は多すぎる。

         

        中学校になって以来、10時どころか・・・の夜更かし、

        そして週5、6の部活。うう。

        ハードル高い条件もありますが、「やれる事からやってみょう」と、まずはサプリを入手。

        直観的にわかるお日様とお月さまのマークでラベリング。絵、下手ですが何か?

         

        そして、マットレス。買う気満々なダンナに、

        「えー、マットレスかあ・・・。今のベッドのマットレス(=和布団)が固いからって、

        一年前に2人とも重ねて敷く一枚を追加で買ってあげたばかりなんだよー。

         ベッドが小さめだからマットのサイズも合うかわからないし・・・」

        と、ゴニョゴニョと言っていたんですが・・・

         

        先日、ファミ片1級講座を終えて帰宅したら、リビングにこれ。

        マジで。

         

        「いや、これ絶対、サイズ合わないから!もう見てわかるから!」と言ったものの、

        リビングに敷いて「おー!」とゴロゴロしながら喜ぶ父子。

         

        そして翌日、息子部屋に移動してみると・・・

        だから言ったじゃんっ!ヘッドボードかっ。

         

        3万円以上するマットレスを我が家仕様にカットする?

        ・・・いや、もうこれでいーわ・・・。

         

        そして、睡眠。

        「ここまでやってあげてるんだからちゃんと10時台に寝なさーいっ!」と、

        むしろ小学校時代以上のベッドタイムバトルな毎日。

        しかし、ドアを閉めるワザ覚えた中二男子、手ごわすぎ。

        ホントに伸びる気あんのか、こら。

         

        さらに主人が買ってきたコレ。電動?身長測定器。

         

        え。要る?これホントに、要る?? 

         

        その後、飲み始めて1ヶ月も経たないのに「サプリすごいわー!」と感動する息子。

        たまたま成長期に飲み始めただけだから。即効性の毒薬かっつーの。

         

        新しモノ好き男子と、単細胞男子の組み合わせ。

        お片づけのプロの妻(母)は、相変わらずの涙目な毎日なのです。

         

         ☆片づけ、育児、家族関係に起業。頭のごちゃごちゃを整理するオンラインカウンセリングはこちら。
         ☆家族のコミュニケーションまで変わる!お片づけサービスはこちら。
         自分軸の片づけを学べる整理収納アドバイザー2級認定講座はこちら。
         我が子との片づけバトルを解決できる「親・子の片づけインストラクター2級講座はこちら。


        ☆子どもとの片づけのポイントは、コミュニケーションであることがわかる本♪

        ひと声かければ5分で片づく! 子どものお片づけ
        *Amazonはこちら。


        search this site

        著書のご案内

        子どもの気持ちがわかる本を書きました!が、実は「ダンナにも効いた!」とひそかに好評♪


        profile

        profilephoto

        categories

        recent comment

        • きちんとした人が、汚部屋になる理由
          Makko
        • ADフェス:「出会い」と「再会」
          Makko
        • きちんとした人が、汚部屋になる理由
          ファミ片1級
        • ADフェス:「出会い」と「再会」
          亀岡あきこ
        • 自宅の押入れ公開
          Makko
        • 自宅の押入れ公開
          ゆきんこ
        • 自宅セミナーから自分の世界を、仕事を広げる
          Makko
        • 自宅セミナーから自分の世界を、仕事を広げる
          ほがらか
        • 自宅セミナーの楽しさを伝えてきました
          Makko
        • 自宅セミナーの楽しさを伝えてきました
          三浦歩美

        recent entries

        links

        archives

        登録中

        Houzzに登録中の世田谷区, 東京都, JPの橋口真樹子
        私の味方 ドリーミアクラブ

        Facebook