鬼のいぬ間の我が家は・・・

0

    昨日書いた通り、熊本出張から帰宅すると、我が家は空っぽでした。

     

    しばらく留守した時は、「おうち、どんな状態かなあー・・・。」

    と思いながらドアを開けます。

    我が家はきっちりさんな片づけ優等生は残念ながらいないので、

    母のいない気楽な日々は、普段よりもわさわさ状態。

     

    今回は、ある意味予想どおりでした。

     

    わお!に見えますが、これは「色々やってくれた」状態です(笑)。

     

    キッチンは、シンクを空っぽにしておいてくれました。

    ゴム手袋が出ているので、主人がしてくれたよう。

    その分、食器洗い機の中はてんこ盛り。

    鍋も入っていたので、カレーは完食したみたいです。

    吊戸棚の扉が開いているのは謎。

     

    ゴミ箱の袋のかけ方が豪快でざっくり、私じゃない。

    つまり、ゴミ出しも無事できたという事。

     

    生協のカタログがいつもと違う場所に。

    箱はなかったから、誰かが受け取ってくれたらしい。

     

    リビングにはたたんだ洗濯物が。

    これは「ちゃんと」たたんだ状態です(笑)。

    たたみ方がザックリなのは、主人でも息子でも同じだけど多分主人だな。

     

    洗濯物たたみ、私がやるときは

    1.洗面所行き 2.娘 3.息子 4.夫婦の寝室(または夫婦別々)

    の山に分けて、それぞれに託す(または私が持っていく)事がほとんど。

     

    ですが、主人にはどれが誰の服なのかわかりません(笑)。

    だから、たたんだものが床一面に広がってました。

     

    最近の忙しさを考えると、多分夜の仕事の外出までPC作業に追われ、

    それでも出張から帰った私が少しでもうんざりしなくて済むように、と

    シンクの洗い物と洗濯物たたみを、ギリギリまでやってくれたんでしょう。

     

    娘は不在だったので、散らかりはなし。

    息子はカードゲームをしてたようですが、一応箱に戻していました。

    学校のプリントの数々はダイニングテーブルの上に広げっぱなし。

    でもそれは塾に行く前に、夏休みの宿題も少しはしたということ。

     

    「パパは今すごく仕事が忙しいから、なるべく洗濯物はやってあげて」って

    言ったんだけど、そこまではやっぱり無理だったか、中2男子。

     

    家族それぞれが自分の事を頑張りつつ、

    私の事も気にしてくれたのが伝わってきた、いつもの我が家でした。

     

    最初に戻ったのは塾から帰宅した息子。

    「おー、帰ったのー。」とハグの仕草をしてくれたのにうっかりスルー(笑)。

     

    深夜2時まで夜更かしを楽しんだことを報告するのは素直なのか浅はかなのか。

    そして、

     

    「ちょうどウトウトしたところに、お父さんが帰ってきたんだけど、

    もう一人男の人の声がしててさ。送ってきてくれたのかと思ったら、

    朝キッチンに空っぽのワインの瓶とワイングラスがあったわー笑」と。

     

    トイレ掃除もしてない我が家に、終電を逃した友人を連れ込んだらしい。

    おい。

     

    家族それぞれが、鬼のいぬ間にのびのびと過ごしたのが伝わってきた、

    いつもの我が家でしたとさ。

     

     

     ☆8/8(水)、昭和女子大学キャンパスにてお子様向けお片づけワークショップを開催します!

     

     自分軸の片づけを学べる「整理収納アドバイザー2級認定講座」はこちら。


     我が子との片づけバトルを解決できる「親・子の片づけインストラクター2級講座」はこちら。

     

     ☆片づけ、育児、家族関係に起業。頭のごちゃごちゃを整理するオンラインカウンセリングはこちら。


     ☆家族のコミュニケーションまで変わる!お片づけサービスはこちら。
     


    ☆子どもとの片づけのポイントは、コミュニケーションであることがわかる本♪

    ひと声かければ5分で片づく! 子どものお片づけ
    *Amazonはこちら。

    念願の洗濯機がやってきた!

    0

      6月末の2泊3日の青森出張前日に、突然壊れた洗濯機。

      あの時はコインランドリーに走ってえらい目にあいました。

      家の中で壊れて即困るのって、コンロ、冷蔵庫、洗濯機でしょうか。

      大事なライフラインの一つですよね。

       

      我が家の洗濯機は賃貸マンションの残置物。

      どれだけ古い物だったのかは不明ですが、引っ越し直後に乾燥機を使ったら、

      衣類は黒い汚れまみれになった上に、「しいたけ」臭くなりました(笑)。

       

      洗濯槽の洗剤を使っていい状態に戻し、頑張って2年使った先日にとうとう故障。

      修理屋さんの応急処置で数週間使い、本日無事に入れ替えてもらえました。

      ※前の洗濯機もそうでしたが「ウルトラシンデレラフィット」!

      ってか、洗濯機側面にある運搬用取っ手が、設置する時右側の茶色い扉に

      ゴリゴリすれてましたから(笑)。

       

      設置してくれたお兄さん、扉を見て「これって後づけですかね?」

      ですよねえ、どう見ても洗濯機のホース隠しのために後づけした感じ。

      そんな美意識がありながら、なぜ水漏れ注意の悪趣味なシールを

      こんな目立つところに貼るかな、大家さん。

       

      とにかくごまかしごまかし使っていた洗濯機が新しくなり、

      やっとホッと一安心です。新品、気分いい♪

       

      そしてなんと。

      洗剤・柔軟剤のじ、自動投入機ですか・・・。

      最初に洗剤の量をセットしたら、ボトル一本分をまとめて投入可とな。

       

      ドキドキしながら設定して洗ってみましたが、大丈夫な感じ。

       

      そして洗濯機の前には、相変わらずのこれ。

      自宅セミナーの受講生さんならわかる、「おまる」の台。

       

      子ども達が中学生と大学生になっても、いまだに活躍中です。

       

       

       ☆8/8(水)、昭和女子大学キャンパスにてお子様向けお片づけワークショップを開催します!

       

       自分軸の片づけを学べる「整理収納アドバイザー2級認定講座」はこちら。


       我が子との片づけバトルを解決できる「親・子の片づけインストラクター2級講座」はこちら。

       

       ☆片づけ、育児、家族関係に起業。頭のごちゃごちゃを整理するオンラインカウンセリングはこちら。


       ☆家族のコミュニケーションまで変わる!お片づけサービスはこちら。
       


      ☆子どもとの片づけのポイントは、コミュニケーションであることがわかる本♪

      ひと声かければ5分で片づく! 子どものお片づけ
      *Amazonはこちら。

      食べ物 戦国時代は、ルールよりラベリング?

      0

        「美味しい物は、家族みんなで等分にわける。」

        その暗黙のルールが、目下我が家では崩れつつあります。

         

        私自身は4人兄弟。食べ物の争いがあった記憶はありません。

        昔、母に確認した時も、

        「そうねえ、ケーキを切る時のあなたたちの視線は痛かったけど、

        誰かが勝手にたくさん食べるけんかは、なかったわねえー。」と。

         

        どうやら、

        「自分がズルして誰かのを食べる」メリットよりも、

        「自分の分をズルされて食べられる」リスクの方が痛手が大きいと、

        多分全員が考えていたからのよう。いい子たちだな、みんな。

         

        我が家の子ども達も、どちらかというとそんな感じでした。

        が、最近ルールを破り始めたのが中2の息子。

         

        思春期伸び盛り?食べ盛りの息子は、もはや自制が効かないよう。

        いや、自制しようという気持ちもないようです。

         

        かくして我が家では、犬も食わない恥ずかしい口論が勃発中。

         

        娘: 「ねー、冷蔵庫に入れてた私の○○、誰か食べた?!」

        息子:「あ。食べた。」

        娘: 「もー!!私のを勝手に食べないでって言ってるでしょっ!!」

         

        ※そう叫ぶ娘が買ってきたお菓子などは、大体私がお昼代としてあげているお金の中

         から出てるはず。娘のと言えるかどうかは、微妙だと思う母。わけてあげてくれい。

         

        ではこの逆パターンは起きるかというと、

        家にいる時間が少ない人は、圧倒的に不利な訳で。

        家時間が短い娘と主人に、かなり不公平な構図となっております。

         

        問題なのは、ルールを破る人が出てくると、

        他の人も「いいよねえ・・・」と思い始めること。

        「あるうちに食べよっと。また買いに行けばいいし。」

        ・・・はい、買い出し担当の私です。

         

        先日も「カルピスアイス、最後の一個あるよー。」

        と主人に朝教えてあげたのに(ちなみに10本入りなのですでに数が不公平)、

        食べずに出て行ったので「じゃあ、いっかあ〜」と、つい・・・。

         

        「まっこが『ある』言っててもなくなってるよね」という主人の一言で、

        今更ながら「やっぱりどげんかせんと!」(古っ!)ということで・・・。

         

        主人の大好きな「白くま」アイス。マジックで名前をラベリングしました。主人は2本。

        凍ってる物に書くとあっという間にインクが出なくなる。意外と手間でした。

         

        昨日在宅していた娘が早速食べていたので、「アイスさあ、・・・」と声をかけると

        「名前書いてないの食べたよー」と。ほお。

        そして今日見ると息子のだけが減ってる。なんと。

         

        今夜主人が帰宅するまで、主人の2本は死守できそうです。

        ちょっと名前を書いただけなのに。ラベリング、大事ですね(笑)。

         

        ちなみに私はこのアイス、食わず嫌いで食べないのですが

        なんとなく1本だけ「ママ」とラベリング(おい)。

        この一本、はてさてどうなることやら。

         

         

         ☆7/19(水)、品川区で「子どものお片づけ」の親御さん向け無料講座担当します

         

         ☆8/8(水)、昭和女子大学キャンパスにてお子様向けお片づけワークショップを開催します!

         

         自分軸の片づけを学べる「整理収納アドバイザー2級認定講座」はこちら。


         我が子との片づけバトルを解決できる「親・子の片づけインストラクター2級講座」はこちら。

         

         ☆片づけ、育児、家族関係に起業。頭のごちゃごちゃを整理するオンラインカウンセリングはこちら。


         ☆家族のコミュニケーションまで変わる!お片づけサービスはこちら。
         


        ☆子どもとの片づけのポイントは、コミュニケーションであることがわかる本♪

        ひと声かければ5分で片づく! 子どものお片づけ
        *Amazonはこちら。


        search this site

        著書のご案内

        子どもの気持ちがわかる本を書きました!が、実は「ダンナにも効いた!」とひそかに好評♪


        profile

        profilephoto

        categories

        recent comment

        • きちんとした人が、汚部屋になる理由
          Makko
        • ADフェス:「出会い」と「再会」
          Makko
        • きちんとした人が、汚部屋になる理由
          ファミ片1級
        • ADフェス:「出会い」と「再会」
          亀岡あきこ
        • 自宅の押入れ公開
          Makko
        • 自宅の押入れ公開
          ゆきんこ
        • 自宅セミナーから自分の世界を、仕事を広げる
          Makko
        • 自宅セミナーから自分の世界を、仕事を広げる
          ほがらか
        • 自宅セミナーの楽しさを伝えてきました
          Makko
        • 自宅セミナーの楽しさを伝えてきました
          三浦歩美

        recent entries

        links

        archives

        登録中

        Houzzに登録中の世田谷区, 東京都, JPの橋口真樹子
        私の味方 ドリーミアクラブ

        Facebook