たまにはサボるから、また頑張れます

0

    今日はお片づけサービスを終えて最寄り駅に着いたのが6時半過ぎ。

    夕食づくりをサボって、浮いた時間で「お疲れ様タイム」を作ることにしました。

    ※息子は前日の残り物で済ませて塾へ、主人は夕食なし。

     帰りが遅くなる娘と私の2人分のとんかつと千切りキャベツを買って、

     今日はラクして夕食終了!

     結局、雑誌読まずに録画鑑賞タイムになりましたが。

     

    ちょっと頑張れば、夕飯作れない事もない・・・。

    でも「今日は買って済ませちゃおう!」と思いついたら、

    ふわっと気がラクになりました。

     

    急いで帰る必要がなくなったので、駅前の本屋へ。

    久しぶりにファッション誌を買ったり、ブックサーフィンを楽しんだり。

    (もう一冊衝動買いした本はまた紹介します。・・・もしかしたら笑)

     

    先週はファミ片マスター認定試験のために日帰りで大阪へ行ったり、

     

    整理収納アドバイザー2級認定講座を開催したり

    (認定講師になった方のオブザーブが入ったのでちょっと緊張)、

     

    大学卒業25周年!久しぶりのクラスメートや教授に会ってきたりと、

    画像に含まれている可能性があるもの:25人、、スマイル、大勢の人、室内

     

    てんこもりな一週間でした。

     

    どんな予定の日でもついてまわる夕食づくりですから、

    時々こんな風にちょっとラクすることで、

    「今日はのんびりできちゃった♪また頑張ろうー。」

    と思える私です。

     

     ☆頭の中のごちゃごちゃをスッキリ整理!スカイプカウンセリングはこちら。

     ☆片づけの悩みを終わらせたい!お片づけサービスはこちら。
     自分軸の片づけを学べる「整理収納アドバイザー2級認定講座」はこちら。
     我が子との片づけバトルを解決できる「親・子の片づけインストラクター2級講座」はこちら。


    ☆子どもとの片づけのポイントは、コミュニケーションであることがわかる本♪

    ひと声かければ5分で片づく! 子どものお片づけ
    *Amazonはこちら。

    整理収納アドバイザー2級認定講座 開催スケジュール

    0

      「あんなに嫌いだった片づけが楽しくなりました!」、

      「あの時に受講して本当によかったです!
      そんなご感想をいただく整理収納アドバイザー認定講座


      整理収納は、部屋が片づくだけではありません。

      「自分という人」がわかり、自分の欲しいモノや・コトがわかり、

      それらがいつの間にか手に入るスキルです。

       

      自分の暮らしが大きく変わる事に感動するからこそ、

      元片づけ下手だった人がプロを目指す事も珍しくありません。

       

      整理収納は、全ての暮らしに大切なスキル。
      物の整理ができると、頭・心・時間の整理もできるようになります。

      この講座で得られるのは、
      「晴れやかな笑顔で過ごせる毎日」。
      そんな想いでお伝えしています。




       
      全国で20名程度しかいない一級認定講師の資格を持つ講師が、
      整理収納あるある話や仕事の現場の話などを交えながら
      整理の力を熱く、深く、お伝えします。


      参考記事:☆整理収納アドバイザーになるには?
             受講生のご感想

      ◆日程:  2017年 6月25日(日)  10:00〜17:00(受付中)

            2017年 7月22日(土)  10:00〜17:00(受付中)       

       

            ※8月以降の日程は6月半ば以降にご案内予定です。


      ◆会場:  ●12/4の会場: 青山通りSDセミナールーム

               〒100-0014 東京都港区北青山3-12-7 カプリース青山ビル701
               ※東京メトロ「表参道」駅 B2出口より徒歩2分

             「Ao」の並びです。

       

                       ●2017年 1月〜7月の会場:ヴァリエンテ・バルコ 

              〒150-0001 渋谷区神宮前1-8-8 COXY 188ビル 6F

             ※JR「原宿」駅から徒歩5分

              東京メトロ「明治神宮前」駅から徒歩2分

        

      ◆受講料: 23,100円(テキスト代1,500円含む)


      ◆講師:  橋口真樹子(Sunny Days代表)

       

      お申込みは こちらセミナーの日程を明記してお申込みください。

      ☆NPO法人ハウスキーピング協会
       
      「整理収納アドバイザー2級認定講座」カリキュラム

         1.整理について考える
         
      2.整理収納を促進させる5つの鉄則
         
      3.人とモノの関係
         
      4.整理を妨げている要因 ~ケーススタディ~
         
      5.グループ演習「押入れ収納を考える」

       

      ※各種お問い合わせは48時間以内にお返事を差し上げております。

       講座のご案内はPCまたはIPhoneからのメールになります。
       docomoおよびezwebアドレスの方には迷惑メール扱いされる事も多いため、
       なるべく返信先にはPCアドレスをご指定ください。
       返信が届かない場合はPCの迷惑メールフォルダをご確認の上、
       
      makikohashiguchi79☆gmail.com(☆を@に変えて送信)
       までご連絡ください。

       

      大学卒業後、外資系企業の人事部に就職。
      「一生働こう」と思っていた会社を、主人の夢を応援するため退職しました。
      その後8年間の専業主婦を経て「整理収納を仕事にしたい!でもどうやって?」
      と思った時、この資格の存在を知りました
      詳しくは過去記事をどうそ)。
      あの時出会ったこの資格が、私の人生を大きく変えました。


      「自分の暮らしをもっと良くしたい、変えたい」と思っている方。
      「自分自身を変えたい」と思っていらっしゃる方にも、
      かならず何かの気づきが得られる講座です。

       

       ☆頭の中のごちゃごちゃをスッキリ整理!スカイプカウンセリングはこちら。
       リアルなおうちを見られる「自宅セミナー」はこちら。
       自分軸の片づけを学べる「整理収納アドバイザー2級認定講座」はこちら。
       我が子との片づけバトルを解決できる「親・子の片づけインストラクター2級講座」はこちら。


      ☆子どもとの片づけのポイントは、コミュニケーションであることがわかる本♪

      ひと声かければ5分で片づく! 子どものお片づけ
      *Amazonはこちら。

      あさイチ「シリーズ発達障害 自分の苦手を考える」

      0

        今朝のあさイチは「シリーズ発達障害 自分の苦手を考える」でした。

        先週日曜のNHKスペシャルともリンクした内容。

        あさイチでは一年間、シリーズでこのテーマを扱うそうです。

         

        片づけという仕事柄、発達障害について考える機会は多いです。

        家族も含めた自分の私生活において、どうなんだろう?と思う事もありますし、

        仕事でも、お客様ご本人がそうであったりお子様がそうであったり、

        診てもらっていなくても「もしかしてそうなのかも・・・?」と不安を抱えていたり。

        発達障害による二次障害がとても深刻になっているケースもあります。

         

        番組では、

        「努力したらできるのか」それとも「努力してもできないのか」を見極める事が大切

        といった意味のことを言っていました。

         

        確かにその通りなんだろうなあ。でもそれが一番難しいんですよね。

        診断してもらわないかぎり「じゃあ誰がどう見極めるのか?」という問題があります。

         

        本人の「努力してるのに!」という気持ちと、周囲の「努力が足りない!」という決めつけ。

        それぞれが不安で一杯になってしまって、相手の気持ちに寄り添えないために、

        双方がストレスや怒り、無力感や劣等感に苦しむことになってしまいます。

         

        大人なら「もしかして私そうかも?」と気づいて専門家の診断を受けに行けますが、

        子どもの場合、周りの大人が気付いたり疑ったりしてあげなければ、ずっと劣等感に苦しむことも。

         

        たった数時間で語り切れるものではありませんが、発達障害というテーマが

        今までよりも頻繁に扱われるようになったのはいいことなんじゃないかなと思います。

         

        番組に登場した、主婦・母として暮らしを切り盛りしながら片づけに悩む女性

        「できない」、「できるようになりたい!」からスタートし、

        片づけに関する様々な試行錯誤、努力をする過程が紹介されていました。

         

        最終的には「どれだけ頑張っても、『できる側の人』にはなれない」ことを受け入れ、

        「苦手でもできる片づけ」にフォーカスするようになった、穏やかな笑顔がありました。

         

        しゃべり始めると止まらない小学生男子のケースでは、

        先生のサポートを受けながら自分の特徴を自覚して研究し、自分なりの対策を考え、

        そこまでの道のりを、クラスメートの前で発表していました。

         

        発表後、「自分の苦手も研究してほしい」とたくさんのクラスメートたちに囲まれた彼は

        「自分だからこそできる、自分がしてあげなくっちゃ」と、とても誇らしげでした。

         

        発達障害であってもそうでなくても、

        「自分の苦手を受け入れる」って、本当に痛くて辛くてしんどい事

        自分が「できるようになりたい」と思っている分野ならば、なおさらです。

         

        でも、いい意味でのあきらめ(=明らかにする)から始めなければ、

        いくら頑張ってもその先には進めないんだ、とも思うのです。

         

        自分の苦手を受け入れると、ほっとして心が安らかになります。

        そうしてはじめて人は「じゃあどうしよう?」と、前向きに考える余裕ができます。

         

        前向きな自分を取り戻せると、苦手ばかりを見ていた時には気づかなかった

        自分の得意にも気づけるようになります。

         

        自分の気持ちを安らかにするには、どう考えて何ができるのか。

        番組内の2人の笑顔を見ていて、そんな事を考えさせられた放送でした。

         

         

         ☆頭の中のごちゃごちゃをスッキリ整理!スカイプカウンセリングはこちら。

         ☆片づけの悩みを終わらせたい!お片づけサービスはこちら。
         自分軸の片づけを学べる整理収納アドバイザー2級認定講座はこちら。
         我が子との片づけバトルを解決できる「親・子の片づけインストラクター2級講座はこちら。


        ☆子どもとの片づけのポイントは、コミュニケーションであることがわかる本♪

        ひと声かければ5分で片づく! 子どものお片づけ
        *Amazonはこちら。


        search this site

        著書のご案内

        子どもの気持ちがわかる本を書きました!が、実は「ダンナにも効いた!」とひそかに好評♪


        profile

        profilephoto

        categories

        recent comment

        • AD仲間との一泊旅行にいってきました
          guitar center black friday Blog
        • 自宅セミナーの楽しさを伝えてきました
          Makko
        • 自宅セミナーの楽しさを伝えてきました
          三浦歩美
        • 部屋のレイアウトを考える方法
          Makko
        • 部屋のレイアウトを考える方法
          ハギヤマジュンコ
        • 本年もありがとうございました。
          Makko
        • 本年もありがとうございました。
          ほがらか
        • 札幌出張 引継ぎリストの効果は・・・
          Makko
        • 札幌出張 引継ぎリストの効果は・・・
          メリー
        • 「この一言が言えずにいました」
          Makko

        recent entries

        links

        archives

        登録中

        私の味方 ドリーミアクラブ